韓国歴史ドラマ『鉄の王 キム・スロ』のあらすじ、キャストを解説

『鉄の王 キム・スロ』全32話がBS11で2018年6月7日より放送となります。

このドラマは韓国MBCで、2015年5月から9月まで放送されました。

平均視聴率12.5%。(ニールセンコリア調べ)

主人公キム・スロを演技に円熟味が増してきたチ・ソンが演じています。
彼は、このキム・スロを演じるために武術、馬術、剣術を訓練し上で撮影に臨みました。
また、歴史資料が乏しいことから役作りの為にクランクインの前から撮影セットに訪れるなどして努力したそうです。
一方、製作陣はドラマにリアリティを持たせるために【殉葬】という古代の風習を映像化するなど歴史再現に力を注いでこのドラマを撮影しました。

キム・スロはどんな人物?

1世紀初頭朝鮮半島北部では高句麗が勢力を持つようなっていました。
一方、朝鮮半島南部では部族がバラバラの状態で勢力争いを展開していたのです。
そこに、優れた製鉄技術と海洋貿易で「伽耶」が台頭してくるようになりました。
その伽耶の建国者で初代の王となるのがキム・スロです。


続きを読む