王の顔・第21話のあらすじ

「龍顔秘書(ヨンアンビソ)」

光海君宣祖新王妃に大司諫(テサカン)の娘を推挙しますが、その娘が急死してしまう事に(実はドチが殺害)。

光海君と大司諫は宣祖から病気の娘を王妃にしようとしたことを叱責されるのでした。

※大司諫は王に諫言をする役職

今まで健康であった者が急に死亡するなどおかしいと、ソン内官ドチが怪しいと光海君に疑念を語ります。

続きを読む