ホ・ヨンジェ:ソヌ・ジェドク

『太陽を抱く月』ヨヌの父として登場するホ・ヨンジェを演じるのは、俳優のソヌ・ジェドク

ホ・ヨンジェヨヌの父で、弘文館の大提学(テジュハク)を務める優れた学者です。

清廉潔白な人柄とその博識によって、多大な人々から敬愛された人物です。

外戚勢力はびこる宮廷において、珍しく私心の全くない忠臣である為に、成祖の信頼も厚かったのですが、それゆえにユン・デヒョンからは敵視されることになります。

ヨヌが原因不明の病に侵されてしまい、ノギョンから受け取った薬を飲ませた事で娘を失う。

そのショックから自らも自害することになるのでした。

続きを読む