タグ「馬医」の一覧

更新日:2016年11月 9日 22:33

韓国歴史ドラマの巨匠イビョンフン監督の名作『馬医』の放送が再び衛星放送のチャンネル銀河で放送開始となります。(2016年11月8日開始

韓国が誇るミュージカルスターのチョ・スンウが初めてテレビドラマに挑戦したと言う、いわくつきのドラマですが、共演の女優イ・ヨウォンと素晴らしい演技を見せてくれました。

「馬医」は、2012年の韓国での初放送以来、4年の月日が経過していますが、同じくビョンフン監督が手掛けた「宮廷女官チャングムの誓い」、「トンイ」、「イ・サン」と並び、繰り返し放送される人気ドラマの一つです。

続きを読む

BS-TBSで放送中の「馬医」を久々に見てみましたが、ちょうどドラマの中盤に差し掛かっているのですネ。

ドラマの中盤では、主人公のグアンヒョンが、ミョンファンによって罠に嵌められたカン・ドジュンの息子であることを知り、思い悩む彼の姿が描かれています。

一方、ミョンファンが執拗にグアンヒョンと首医コ・ジュマンの命をつけ狙い始める頃です。

続きを読む

「馬医(バイ/マウィ)」のあらすじ全話-掲載内容

馬医 あらすじ 全50話の感想とキャスト・相関図・登場人物、DVD情報等の記事を掲載しています。

韓国歴史ドラマ位の巨匠、イビョンフン監督とミュージカル界のスター、チョ・スンウがタッグを組んだ長編時代劇の概要や見どころをお楽しみください。

また、おすすめの韓国ドラマも紹介していますのでドラマを楽しく観賞するための参考情報としてご活用ください。


続きを読む

司憲府に証人として現れたグアンヒョンは、取調室でミョンファンを追い詰めます。

犯人しか知らないイ・ヒョンイク殺害方法を口にしてしまったミョンファンは取り乱し、ジニョンを口実に何とか罪を逃れようとあがくのですが・・・
(photo by: ©MBC)

続きを読む

全話のあらすじ総ざらい(その4)

第31話~35話では、清国に渡ったグアンヒョンに大きなチャンスが訪れます。
杭州の寧波で杭州官衙副太守(副知事)の娘の病を治療した事がきっかけで、皇帝の側室の難病の治療に応募することになります。

続きを読む

全話のあらすじ総ざらい(その3)

第20話~25話では、グアンヒョンがカン・ドジュンの息子であることが判明し、思い悩むグアンヒョンの姿と、ミョンファンが執拗にグアンヒョンの命を狙うエピソードが描かれます。

第26話~30話では、恩師コ・ジュマンを失った傷心のなか、逃亡したグアンヒョンが新たな師、舍巖道人(サアムドイン)とともに清国へ渡り修行に励むことになります。

続きを読む

全話のあらすじ総ざらい(その2)

第11話~15話では、馬医から人医を目指すことを決心したグアンヒョンが困難に出会いながらも医師採用一次試験合格を果たすというエピソードが展開されます。

第16話~20話では、馬医としての経験と知識が次第にグアンヒョンの人医としての才能を開かせる様子が語られます。

また、恩師コ・ジュマン、そしてグアンヒョンの生涯の敵となるイ・ミョンファンがこの頃から頻繁に登場するようになります。

続きを読む

全話のあらすじ総ざらい(その1)

NHK BSプレミアムで放送中の『馬医』も終盤に差し掛かっています。

これからは、医官に採用されたグアンヒョンが古い慣習やしきたりに挑戦しながら出世の階段を上って行きます。

強い信念と仲間たちの友情に支えられ医師として大きく成長していくグアンヒョンの姿が描かれます。
また、運命の人、ジニョンとグアンヒョンを待ち受ける試練はどのようになっていくのでしょうか?

ここで一旦、これまでのあらすじを大急ぎで振り返ってみましょう。

続きを読む

世子の正体

Kang-Han-Byul

馬医38話でグアンヒョンが耳の下にできた腫瘍を外科手術で治療する「世子(セジャ)」は一体誰でしょうか?

ここで登場する世子は「顕宗」の世子ですから、第19代王・粛宗(スクチョン)という事になります。

続きを読む

ドラマのあらすじを知るうえで役に立つ情報です・・・

グアンヒョンの人生のパートナー

ジニョンは、ぺク・グアンヒョンを見守り、支え続け、グアンヒョンの妻となる運命の女性

歴史上実在した人物ではなく、ドラマの中での登場人物です。

ジニョンは、清国で医女としての修行を積んだ鍼の名人でもあり、グアンヒョンが危機に陥った時も、ユニークな発想でアドバイスを与えてくれる頼もしい存在でもあります。

このように、明るく賢いジニョンですが実はつらく悲しい運命を背負っていました。
(phto by:©MBC)

続きを読む

「馬医」に登場するウンソ(チョボア)とは

チョボアが演じるソ・ウンソは、グアンヒョンの敵となる左議政チョン・ソンジョの長男の嫁(寡婦)です。
ドラマが進むにつれ、グアンヒョンの味方となる頼りがいのある人物。

夫の死後、実家(兄のソ・ドゥシクが家長)に戻り、喪に服していましたが、自分の身をはかなんで自殺を図ります。

当時は医学生だったグアンヒョンによって一命を取り留めますが、グアンヒョンの「医師としての真心」に触れ、しっかりと行くことを決意することに。

グアンヒョンに感謝したウンソは、その後グアンヒョンの良き理解者・協力者として彼とジニョンを応援していきます。

続きを読む

イサンウが演じる「馬医」に登場するソンハとは

イ・ソンハは、内医院の委員長、イ・ミョンファンの息子。

最年少で、科挙に合格した秀才、しかも眉目秀麗の貴公子。

本来なら、高級文官となり栄達を目指すところですが、わざわざ典医監(チョニガム)の医学修練生となる少し変わり者です。

ひょっとしたら、大好きなジニョンが医女として働く場所に少しでも長くいたいという気持ちの表れかもしれません。

続きを読む

「馬医」グアンヒョンの師匠「舍巖道人(サアムドイン)」

キャスト紹介

舍巖道人グアンヒョンが流刑先から逃亡し、清国で医術の修行をする頃からの師匠にあたります。

第28話29話にそのあたりのエピソードがまとめてありますが、舍巖道人との出会いは亡き師コ・ジュマンの遺書に指示された内容によるものでした。

実はそれ以前にも、幼い頃のグアンヒョンの命を救った謎の医師としてドラマに登場しています。
第4話5話

続きを読む

「馬医」グアンヒョンの姉弟子「ソ・カヨン」

キャスト紹介

ソ・カヨングアンヒョンの師匠「舍巖道人(サアムドイン)」の弟子で、グアンヒョンの姉弟子にあたる女性。

ソ・カヨンとグアンヒョンの出会いは、馬医 29話で、舍巖道人とともに朝鮮を出て清国に向かうところから始まります。
最初は、グアンヒョンにライバル意識を燃やしますが、彼の医術の実力を認め、後に「兄貴」と呼ぶようになって行きます。

続きを読む

「馬医」コ・ジュマンとは

コ・ジュマンは、恵民署の署長から首医にまで上り詰めた医官で、グアンヒョンの師匠筋に当たる人物です。
グアンヒョンの父カン・ドジュンの若い時を知っており、ドジュンの学友であったイ・ミョンファンのこともいまだに気にかけている人格者。

続きを読む

「馬医」チャン・インジュとは

チャン・インジュは、グアンヒョンの実の父カン・ドジュン、イ・ミョンファンとともに若い頃、同じ医学を志す者として友情を育んだ内医院の医女でした。

師匠の舍巖道人仕込みの優れた鍼の技術を持つ人物で「鍼の鬼」という女性らしからぬ異名を持つ医女です。

続きを読む

更新:2016年12月10日 10:11

馬医第46話第50話は、グアンヒョンの出生の秘密が明らかになり、ジニョンと幸せになるまでのエピソードが描かれます。

ジニョン、過去の秘密を大妃に告白(第46話)

ジニョン大妃に全てを打ち明けることを決意。

子供の頃にグァンヒョンと自分が入れ替えられたこと、グァンヒョンはドジュンの子供であることなどを全て大妃に話します。

そしてミョンファンが大妃の治療に麻薬性の強い薬を使用していた事が発覚し、ミョンファンは追われる身となりました。

続きを読む

更新:2016年12月 9日 09:35

馬医第41話第45話は、淑徽(スクフィ)が天然痘に感染し、大妃が倒れてしまうエピソードが描かれます。

淑徽(スクフィ)、天然痘に感染!!(第41話)

天然痘の患者に触れてしまったことで淑徽(スクフィ)も感染してしまいます。

恵民署では、治療法が見つからないために何人もの患者が死亡していました。

そんな中グァンヒョンは治療法を必死で探します。

続きを読む

「馬医」の時代は、李氏朝鮮の苦難の時代

korean_castle

韓国歴史ドラマ「馬医」の主人公ペク・グアンヒョンが生きた時代は、李氏朝鮮第16代国王仁祖(インジョ、1623年-1649年)から第18代国王・顕宗(ヒョンジョン、1659-1673)の治世とされています。

続きを読む

更新:2016年12月 9日 09:34

馬医第36話第40話は、グアンヒョンが再び恵民署で働き始め、世子の治療を成功させるまでのエピソードが描かれます。

ミョンファンの悪事が暴かれる(第36話)

オ・ギュテは、片足で顕宗(ヒョンジョン)のところへ病が回復したことを報告しにきます。

オ・ギュテの治療は不可能と言い切っていたミョンファンは、顕宗(ヒョンジョン)から激怒され、しまいにはもう信頼出来ないと言われてしまいました。

更に、貧しい者たちからお金を取り上げていたことを皆に知られたミョンファンは追い詰められます。

続きを読む

馬医(マウィ,Horse Doctor)動画関連検索・公式サイト情報

韓国歴史ドラマ、『馬医』


馬医」は、17世紀後半、李氏朝鮮第18代王の顕宗(ヒョンジョン、トンイに登場する粛宗の父)の治世の頃、一介の獣医師から身を起こし、王の主治医にまで上り詰めた実在の医師ペク・グァンヒョン (1625~1697)の人生を描いた歴史ドラマ。

公式サイト&紹介動画

【PR】DVD (9disc BOX) / 馬医 VOL.1 (MBC韓国ドラマ)

スポンサーリンク



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


スポンサーリンク

このページの上部へ

 

au公式/ビデオパス? 初回30日間無料

注目ドラマ

drama-hibana-icon

ドラマ『火花』


韓国ドラマ「雲が描いた月明かり」


韓国ドラマ「獄中花」


キム・マンドク

sidebarlogo
おんな城主直虎

sidebarlogo
Huluのおすすめ映画やドラマ紹介

osusume-kandora
お薦めの韓国ドラマ


マスケティアーズ


ダウントンアビー


刑事フォイル

韓流スタープロフィール


韓流スタープロフィールとドラマ


チョン・ドジョン

スベクヒャン

九家の書

火の女神ジョンイ

チャン・オクチョン

カテゴリ

放送中の注目ドラマ

人気時事

Powered by Movable Type 5.2.12