現在放送中で10月30日に最終回を迎えるユン・セア主演ドラマ『イブの愛』の後番組として早くも11月2日に放送開始となる『明日もスンリ』。

脚本家は『棘のある花』で愛と復讐のサスペンスを書いたホン・スンヒと、演出には人生逆転ロマンスドラマ『輝くロマンス』のチョン・ジイン、そして怒涛の愛憎劇『嵐の女』のオ・スンヨルが編成を行うといいます。

放送局は韓国MBC。


[スポンサードリンク]

どんなドラマなの?


(photo by: MBC公式サイト


引用:「"新しい平岡公主(ピョンガンゴンジュ)とバカ温達(オンダル)の物語"で、主人公ハン・スンリの愉快な人間更生プロジェクトと醤油の家業を継ぐための熾烈な孤軍奮闘記で、逆境を乗り越えて立ち上がる女性の成長ストーリーだ。」via kstyle

気になるキャスト陣は?


(photo by: ネタりか


チョン・ソミン(ハン・スンリ役)

このドラマのヒロインであるハン・スンリ役には、あの韓国版『イタズラなKiss』のヒロイン、オ・ハニ役を演じたチョン・ソミンが今季の朝ドラの顔になることが決まりました。

チョン・ソミンは、第2のユン・ウネと言われている一方、一部からは"可愛くない"と言われています。

しかも整形疑惑がある女優さんの一人であり、本人は一年半かけて10kgの減量をして痩せたから顔が変わったと反論していました。

今回チョン・ソミンが演じるハン・スンリは、食品栄養学専攻で明るい笑顔が印象的な32歳の女性。
父親の死や家の没落、そして愛する男の裏切りによって子供まで失ってしまい奈落の底に落ちてしまったのですが、三代も続いてきた醤油の家業を継いで、夢を掴む為に歯を食いしばり再び立ち上がろうとする強い女性役に挑戦します。

ソン・ウォングン(ナ・ホンジュ役)

そして相手役のナ・ホンジュ役にはアイドル歌手出身のソン・ウォングン(RUN)が抜擢されました。

前科がある34歳の元医師で、多くのセレブ妻の心を奪う一流の詐欺師を演じる予定ですが・・・。

その他の主なキャスト

その他には『オジャリョンが行く』でジャリョンの初恋の人キム・マリを演じたユ・ホリンと、あの韓流四天王ペ・ヨンジュンに似ていると言われているチェ・フィリップ(写真左から2番目)が出演します。

写真を見ると雰囲気や顔立ちがヨン様に似ていますネ!

間もなく最終回を迎える『イブの愛』は、12~13%の視聴率で安定しており、今までの朝ドラ枠で放送されたドラマでも良い方だと思います。

明日もスンリ』の視聴率はどうなるのか楽しみですネ!

ニュース!


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧