韓国ドラマ「K2」(tvN(CATV))に少女時代・ユナがヒロイン役で3年ぶりに韓ドラ復帰するようです。

このニュースは、あるドラマ関係者が語ったもので、まだ正式発表ではないようですがtvN側はキャスティングをオファーし、ユナの回答を待っている段階だと肯定的なコメントをしているとのこと。

ユナ側は一度は出演を否定し、このまま絶ち消えかとファンをやきもきさせましたが、tvN側が再度出演オファーをかけた様子

このドラマ「K2」は、チ・チャンウクにも出演オファーがかかっている模様で、もし実現すれば夢の初共演となります。

気になるドラマの内容は次の通り。


[スポンサードリンク]

ドラマ「K2」(仮題)とは

「K2」は、 「推奴」(オ・ジホ主演)などを手掛けたクァク・ジョンファン監督と「ヨンパリ」(キム・テヒ主演)の脚本を担当したチャン・ヒョクリン作家がタッグを組んだ作品。

実力派・製作陣を擁して新ドラマにチャレンジするtvN側の強い意欲が感じられます。

「K2」のあらすじと概要

ユナが演じるヒロインは、韓国大統領の有補の父と有名スターの母の間に生まれた娘役。

有名人を両親に持つ彼女は、幼い頃から周囲の注目を集め、報道陣に取り囲まれることも多く、対人恐怖症とカメラのフラッシュに対するパニック障害を抱え、トラウマに耐えながら生きている女性です。

ひょんなことから、留学先(?)のフランスから韓国に戻る事になった彼女を待ち受けるものは!?

復讐と愛と野心が複雑に絡まり合う韓国ドラマの典型的なドロドロ・サスペンス・ラブロマンスという仕立てのようですが、詳細はまだ明らかにされていません。

ヒロインを演じるユナの素顔

ユナが、女性アイドルグループ「少女時代」のセンターを務める「少女時代の柱」的存在であることは今さら説明するまでもありませんが、実は演技派女優としての評価も高い存在なのです。

学生時代は演劇学部に席を置き女優を目指していましたが、2007年からドラマに出演を開始、「君は僕の運命」でいきなり主演に抜擢され、KBS演技大賞の女性新人賞を受賞した逸材。

続く2009年には「シンデレラマン」でも注目を浴び、伝統ある「百想芸術大賞」で女性新人賞、人気賞を受賞しています。

2013年放送の「総理と私」でも高い評価を受けましたが、その後中国のドラマ「武神・趙子龍」出演を機会に韓国ドラマから遠ざかっていました。(「武神・趙子龍」は三国志の英雄・趙雲を描いたドラマ)

今回の「K2」で、3年ぶりの韓国ドラマ復帰作となりました。

photo by: japanese.joins.com

主なキャストたち

ヒロイン役のユナの他、キャスティングされた俳優・女優陣もそうそうたる豪華メンバーです。

チ・チャンウク(出演検討中、奇皇后)、ソン・ユナ(ママ~最後の贈り物~)、チョ・ソンハ(キム・マンドク 美しき伝説の商人)、イ・ジョンジン(百年の遺産)、キム・ガプス(イニョプの道)など。

tvNのドラマにかける熱い思いが伝わってきますネ。

放送予定

2016年9月から、現在放送中の「グッド・ワイフ」の後継ドラマとして放送予定だそうです。

情報元

「あるドラマ局関係者は26日、韓国日刊スポーツの取材に対して「ユナがtvNの新ドラマ『K2』(仮題)に出演する」とし「最初のオファーがあった時は悩んでいたようで『出演は難しい』という返事だったが、結局出演がかなった」と明らかにした。」 via japanese.joins.com

「tvN側の関係者は26日午後、OSENとの取材で「ユナ側にオファーしたのは事実だ。回答を待っている」と明らかにした。」 via news.kstyle.com

「俳優チ・チャンウクと女優ソン・ユナがtvN新ドラマ「K2」の出演を控えている。」 via news.kstyle.com

参考

公式サイト:tvN

ニュース!


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧