miss A スジ、ドラマ「むやみに切なく」のOSTを作詞作曲

韓国KBSで放送中の人気ドラマ「むやみに切なく」に自らヒロインとして登場しているMiss Aのスジが作詞作曲した「良い日」がドラマの後半から流れるそうです。

スジはミュージシャンですから、作詞作曲してもちっとも不思議ではありませんが、自分が出演したドラマのOSTを手掛けるのは2013年「九家の書」で使われた「私を忘れないで」以来の事です。


[スポンサードリンク]

OSTの発表は8月末ごろになる予定らしいのですが、ドラマを手掛けた製作陣のたっての願いにスジが応えたという事の様です。

「ノ・ウルというキャラクターの感情を代弁するOSTを、スジが直接作ってほしいという監督の要請に喜んで参加した」 via news.kstyle.com

ノ・ウルは「むやみに切なく」に登場するヒロインの名前で、スジがその役を演じています。

ドラマの人気も上々で、視聴率は若干低下傾向なるも水木ドラマ枠のベスト3に顔を出している状況。

[スポンサードリンク]

ドラマのあらすじと見どころ

photo by: KBS「むやみに切なく」公式サイト

見どころ

「むやみに切なく」は、次世代韓流スターとして名高いキム・ウビンとスジ(miss A)の豪華競演作です。
幼少期に悪縁によって別れた二人が大人になり、男はトップスター、そして女はプロデューサーとして再会する切ないラブロマンスになります。

あらすじ

学校の成績はイマイチですが、母親と親子二人で暮らしてきたジュンヨン(キム・ウビン)。

ある日、亡くなったと聞かされていた父親が本当は生きており国民的スターでもある検察官だとを知ることになりました。

ジュンヨンの母親は、彼を立派な裁判官に育てあげて、父親に会わせることが夢だとよくジュンヨンに話しており、彼は当時付き合っていた彼女とも別れて、寝る間も惜しまず勉強に励んでいたのです。
元彼女の友達のノ・ウル(スジ/miss A)は事あるごとにジュンヨンに対して突っかかってきました。
ジュンヨンは自分の邪魔ばかりして目障りなウルを困らせる為に、ウルが自分の彼女だというウワサを流すことにしました。
しかしウルは、交通事故で父親を亡くし、父親が残した借金に苦しみ夜逃げをしてしまいました。

数年後に大学生になったジュンヨンは、ウルと再会するのですが、ウルの父親のひき逃げ犯を隠蔽したのが自分の父親だと知ってしまいます。

ジュンヨンは父親の不正を暴こうとするウルを阻止していく中で、ウルに重傷を負わせてしまい、夢だった法の道を諦める結果となってしまいました。

その後、ジュンヨンは芸能界に入りトップスターになりました。
そしてドキュメンタリーのプロデューサーになったウルと再会しますが、ウルに対して切ない気持ちとは裏腹に、ウルに冷たく接してしまうのですが・・・。

主なキャスト

キム・ウビン・・・シン・ジュンヨン役

歌やドラマなど、様々なジャンルで活躍するエンターテイナーで韓流最高のトップスター。
小生意気な性格ですが、カリスマ性溢れる人物。

キム・ウビンのプロフィール

スジ・・・ノ・ウル役

図々しい出しゃばり屋のドキュメンタリープロデューサー。
二度の事故を経験し、人生が180度変わる。

イム・ジュファン・・・チェ・ジテ役

KJグループの総括企画本部長。
ビジュアル、能力、性格、家柄が良く、まるで神が決意して世に出した野心作のような男。

イム・ジュファンのプロフィール

イム・ジュウン・・・ユン・ジョンウン役

KJグループ社外取締役兼オーナーシェフ。
20歳の頃、泥酔して車を運転し、人をひき逃げしてしまう。

イム・ジュウンのプロフィール

ニュース!


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧