moonlight_w400

雲が描いた月明かり」(구르미 그린 달빛、グルミグリンタルピ、英語名・Moonlight Drawn by Clouds)は、韓国KBS2で2016年8月22日から放送される予定の新ドラマです。(毎週月・火の22時)

photo by: kbs2

この「雲が描いた月明かり」には、女優のキム・ユジュンが何と!男装して宦官役を演じると言う設定になっているのです。

キム・ユジュンは、「太陽を抱く月」(2012)で愛らしくも切ない世子嬪役を演じた子役でしたが、あれから4年・・・本格的な役柄もこなす大人の女優として成長しています。

キム・ユジュンのプロフィールと出演ドラマ

さて、「雲が描いた月明かり」とはどんなドラマなのでしょうか?


[スポンサードリンク]

ニュース!

「雲が描いた月明かり」とは

2014・2015とブレークしたパク・ボゴム(「本当に良い時代」「応答せよ 1988」)とキム・ユジュンが共演する歴史フュージョン・ラブロマンスドラマです。

19世紀の李氏朝鮮時代がドラマの舞台で、礼楽(礼節と人を和ませる音楽)を愛し、若くして世を去った孝明世子(ヒョミョンセジャ、演パク・ボゴム)を主人公とし宮廷で繰り広げられるロマンスを描きます。

英語の副題「Love in the Moonlight」(月明かりの中の恋)が示すようにかなりロマンティックな内容になりそうですネ。

ドラマのあらすじと概要

ヒロインのホン・ラオン(キム・ユジュン)は、男装した宦官として宮廷に潜り込みます。

ホン・ラオンは、男装した姿で人生相談をなりわいとする女性。

宮廷に潜入したわけは、ラオンのお客で彼女が恋したある男性に会う為でした。

宦官となって宮廷に潜入したラオンは、世子のイ・ヨン(孝明、ヒョミョン)に出会いますが、それが彼女の探していた愛しい男性である事に気が付きません。

一方、イ・ヨンも男装姿で人生相談をするホン・ラオンがまさか女性であるとは想像すらできませんでしたが、なぜかラオンの事が気になっていました。

いきなり驚きの設定から始まるドラマですが、なにやら波乱を呼ぶ展開になりそうな雲行きです。

「「雲が描いた月明かり」は、"ツンデレ"皇太子イ・ヨン、愛らしい男装宦官のホン・ラオン、魔性のイケメン学者キム・ユンソン(B1A4のジニョン)、"朝鮮版ヘラ(ギリシャ神話に登場する嫉妬の女神)"チョ・ハヨン(チェ・スビン)、秘密兵器キム・ビョンヨン(クァク・ドンヨン) など、歴史が記録することが出来なかった朝鮮時代の青春成長ストーリーを描いた、予測不可能な宮中のロマンスドラマだ。」 via Kstyle

次にドラマに出演する主なキャスト陣を見て見ましょう。

[スポンサードリンク]

「雲が描いた月明かり」に出演する主なキャストと登場人物

注目の韓国若手俳優・女優が勢ぞろいです。(左がキャスト、右が登場人物)

パク・ポゴム(イ・ヨン、ヒョミョン世子 "皇太子")

yi_yong_w120

朝鮮第23代国王・純祖の長男で、後に世子に冊封される。

ちなみに純祖は正祖ことイ・サンの息子です。(「イ・サン」のあらすじ

頭が良く、明るくやんちゃな性格で芸術や音楽を愛する青年貴公子。

パク・ポゴムは今回が歴史ドラマ初挑戦とのこと、ツンデレなキャラクターを演じることになると興味しんしんです。

パク・ボゴムのプロフィールと出演ドラマ

キム・ユジュン(ホン・ラオン)

Hong_Ra-on_w120キュートで賢い女性だが、生活のため男装して人生相談をしている。

自分のお客に恋心を覚え、その男性に会いたいあまり宦官として出仕するという思い切った決断をする。

キム・ユジュンの宦官姿での演技がどんなイメージになるのか気になりますネ。

ジニョン(キム・ユンソン)

Kim_Yoon-sung_w120カリスマ性を持つ魔性のイケメン学者で名門の出身。

イ・ヨンとはライバル関係にある。

ジニョンは韓国の5人組アイドルグループB1A4(ビーワンエーフォーのメンバーですネ。イケメンで女性に絶大な人気を誇る韓国スターの一人です。

ミュージシャンとして活動する一方、ドラマや映画出演にも意欲的で役者としての知名度も上がってきています。

チェ・スビン(チョ・ハヨン、世子嬪 "皇太子妃")

Jo_Ha-yeon_w120優雅で美しい女性である反面、世俗的な権力欲を持つ女性。

彼女の家族の栄達の為、世子嬪としての一歩を踏み出す。

チェ・スビンは、ジェジェンと共演した「スパイ」、2015年「青い鳥の家」で注目を集めた新人女優。

クァク・ドンヨン(キム・ビョンヨン)

Kim_Byung-yeon_w120剣の達人。イ・ヨンの幼なじみでお互いに信頼しあう親友。

吟遊詩人キム・サッカ(金笠、実在)としても知られる。

クァク・ドンヨンは、子役として2012年にKBS人気ドラマ「棚ぼたのあなた」のパン・ジャングン役で演技デビューし、第6回コリアドラマフェスティバル子役賞を受賞した逸材。

この他、「チャンオクチョン」(2013)、「華政」(2015)など歴史ドラマにも経験を積んできた若手のホープです。「雲が描いた月明かり」は19歳でチャレンジする主役級キャストとなり、その演技力に期待です。

above photos by: kbs2


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧