11月放送予定のSBSドラマ「青い海の伝説」のキャストが続々と決定しています。

主演はイ・ミンホチョン・ジヒョンのペアが決定していますが、この他にも魅力ある俳優・女優が出演を決めています。

そこで、これまで出演が決定したキャスト、および現在出演交渉中の俳優をリストアップしてみました。(2016/8/16現在)


[スポンサードリンク]

出演が決定したキャスト(登場人物)

blue_ocean

photo by: news.kstyle.com

イ・ミンホ(両班の息子キム・ム、天才詐欺師ホ・ジュンジェ、一人二役)

朝鮮時代と現代を行き来しながら、人魚役のチョン・ジヒョンと切ないロマンスを繰り広げる。

イ・ミンホは2009年の「花より男子~Boys Over Flowers」でブレークを果たしたあと、「シティーハンター in Seoul」(2011)、「シンイ -信義-」(2012)、「相続者たち」(2013年、SBS)の主演を通してその存在感を増し、今や押しも押されぬ韓国の売れっ子俳優。歴史ドラマは「シンイ -信義-」以来四年ぶりの作品となりますが、今回もタイムスリップものというのは興味深いところ。

「星から来たあなた」でヒロインを演じ、今作品で人魚役を演じる人気女優チョン・ジヒョンとのロマンスがどう繰り広げられるか気になります。

イ・ミンホのプロフィールと出演ドラマ

チョン・ジヒョン(人魚)

2014年、14年ぶりのドラマ復帰作となった「星から来たあなた」でキム・スヒョンと共演し「SBS演技大賞」に輝いた女優チョン・ジヒョンが今回は伝説の人魚役に挑戦します。

独特のオーラを発する彼女が、どんな人魚を演じるのか気になるところですが、そこは演技力に定評があるチョン・ジヒョン・・・きっとミステリアスで魅力ある人魚を熱演してくれることに期待です。

チョン・ジヒョンのプロフィールと出演ドラマ

[スポンサードリンク]

シン・ヘソン(チャ・シア役)

ホ・ジュンジェの大学の後輩

シン・ヘソンは幼い顔だちと落ち着いた声、安定した演技力が親近感を覚えさせる女優。

2015年のドラマ「ああ、私の幽霊さま」、2016年の「子供が5人」で注目度アップの彼女が脇役として登場しますが、どんな演技でドラマを盛り立ててくれるのか・・・

ムン・ソリ(アン・ジンジュ役)

大峙洞(テチドン)の裕福な奥様

「青い海の伝説」が約3年ぶりのドラマ復帰作となるベテラン女優のムン・ソリ

ムン・ソリは、ヴェネツィア国際映画祭・新人俳優賞(2002)、シアトル国際映画祭のゴールデンスペースニードル賞受賞、青龍映画賞新人賞、大鐘賞(2004)と国内外の演技賞に輝く実力派女優です。

2007年にペ・ヨンジュンと共演した「太王四神記」でヒロインのキハ役を演じて以来の歴史ドラマ出演となります。

今回は大峙洞(テチドン)のマダム役としての登場ですが、ベテランとしてドラマを大いに盛り上げてくれることに期待です。

ムン・ソリのプロフィールと出演ドラマ

イ・ヒジュン(チョ・ナムドゥ役)

ホ・ジュンジェを詐欺師の世界へ引き込む人物。

中堅演技派俳優のイ・ヒジュンが、イ・ミンホ演じる天才詐欺師ホ・ジュンジェと切っても切れない関係の人物チョ・ナムドゥとして登場。

イ・ヒジュンは、2011年の「王女の男」で悪役コン・チルグ、2012年の「棚ぼたのあなた」でお調子者の店長チョン・ジェヨン役、「田禹治(チョンウチ)」(2012)でウチの宿敵マ・ガンニム役を演じました。

悪人から善人まで幅広い演技をこなす個性派俳優としての演技に期待です。

SHIN(CROSS GENE)(天才ハッカー テオ役)

SHINは、日中韓の男性6人からなるグループCROSS GENEのメンバー。

ミュージシャンとして活動する一方、俳優としても存在感を強め、2011年「僕らのイケメン青果店」、「ビッグ ~愛は奇跡<ミラクル>~」、2015年「シークレット・メッセージ」に出演、「青い海の伝説」では主要キャストにに抜擢されました。

出演打診中

ドラマ出演を検討中の俳優です。

ソン・ドンイル
ナ・ヨンヒ

キャストが全員で揃うのはいつ頃になるんでしょうか?


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧