TOPIC.jpg

ついに、パク・ボゴム&キム・ユジョン主演『雲が描いた月明かり』の視聴率がチン・セヨン主演『獄中花』を抜きました!(2016年9月12日~9月18日視聴率)

『雲が描いた月明かり』(7、8回)17.5%、『獄中花』(36、37回)17.1%という結果です。

現在、韓国歴史ドラマとして熱い人気争いを繰り広げている2作品ですが、この二つのドラマの人気を徹底的に探ってみます。


[スポンサードリンク]

視聴率出典:韓国TV週間視聴率

主演の二人の女性のプロフィールを追っていきましょう。

キム・ユジュンのプロフィールと魅力

まずはキム・ユジョンから・・・キム・ユジョンってまだ16歳!と驚かれる方も多いと思います。

5歳の頃≪ソウル牛乳≫で広告デビューした彼女は、16歳にして芸歴11年
それからの活躍は凄まじいものがありました。

キム・ユジョンのプロフィールと出演ドラマ

天才子役として主人公の幼少時代を見事に演じてきたキム・ユジョンは、『太陽を抱く月』で巫女(ホ・ヨヌ)の幼少時代を演じましたが、あまりに素晴らしい演技だった為に、そのあと大人のホ・ヨヌを演じたハン・ガインが批判されたという逸話も。

数々の賞を総なめにした事が、演技力の凄さを実証していますネ。

「雲が描いた月明かり」では、なんと男装の宦官役に挑戦

moon20160921

photo by: coneru-web.com

今回の『雲が描いた月明かり』では、男として生きなければならなかった、ずる賢いが頭のきれる男装宦官役を演じます。

キム・ユジョンとしては奇抜な役柄を演じることになりました。

そしてある事情で宮廷に潜入した彼女は、世子と出逢うのですが・・・。

巷では彼女のあまりにも整った顔に、整形疑惑が浮上しましたくらいの美貌の持ち主。

演技力・美貌に加え、歌唱力も高く評価されています。

子役から大人の女優として転身を始めた彼女、まだ12歳ではありますが日本でいう芦田 愛菜をみているようですね。

今後、キム・ユジュンがどんな女優に変身して行くのかが、とても楽しみです。

キム・ユジュンの最近の出演ドラマ

[スポンサードリンク]

チン・セヨンのプロフィールと魅力

次にチン・セヨン・・・チン・セヨンを見た瞬間、K-POP「少女時代」のユナ?と勘違いされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

品とキュートさを持ち合わせた顔立ちが印象的な二人、そっくりですネ。

実際、チン・セヨンはMエンタテインメント(少女時代の事務所)からオファーを受けた逸話を語っているくらいです。

彼女はCMデビュー後、ドラマ・映画・バラエティー・CMに加え、モデルとしても大活躍中。

チン・セヨンのプロフィールと出演ドラマ

「獄中花」では朝鮮時代の女性弁護士役に挑戦

flower20160921

photo by: contents.innolife.net

今回の獄中花』は、韓国歴史ドラマ界の巨匠イ・ビョンフン監督が手掛けたドラマですが、チン・セヨンの演技力を高く評価していたと言われています。

ドラマでの役どころは、外知部(ウェジブ)と呼ばれる民間弁護士組織の女性弁護士。

毎回ハラハラドキドキの展開ですが、チン・セヨンの熱演が光ります。

韓国ドラマ「獄中花」のあらすじと感想(各話詳細)

そんなチン・セヨンのプライベートと言えば、ピアノ・ダンスが得意で、何といってもファンをとても大事にする彼女。

どんなに忙しくともファンと食事する時間を作ったり、決してファンへの感謝を忘れない、そんな彼女だからこそファンを虜にしているのでしょう。

チン・セヨンの最近の出演ドラマ

人気を二分するドラマ「雲が描いた月明かり」と「獄中花」・・・

日本で放送されるのが待ち遠しいですネ。


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧