『宮廷女官チャングムの誓い』の再放送がBS11オンエア中ですl

チャングムの誓い』は、2003年に、歴史ドラマの巨匠として知られるイ・ビョンフン監督作品として韓国MBCの看板ドラマとなった伝説的な作品です。(視聴率50%超)
また、韓国を代表する女優の一人に成長したイ・ヨンエの出世作でした。

放送は全54話という長編時代劇だったため翌2004年まで放送が続けられドラマは幕を閉じましたが、その人気は衰えることなく再放送が繰り返されているおすすめの韓国ドラマです。


[スポンサードリンク]

ニュース!

ドラマの見どころ

幼くして、父と母を失った少女チャングムが、母の遺言を守って宮中で大成功を収めていくストーリーなのですが、韓国ドラマの例にもれず、「陰謀による転落→苦労と貧乏→支援者の出現→成功への手がかり→敵の妨害→敵の破滅→名誉回復→ハッピーエンド」という韓国ドラマの基本パターンを忠実に踏んだ作品でした。また、恋人役のミン・ジョンホ(チ・ジニ)との純愛も一服の清涼剤としてドラマにさわやかなアクセントを加えていたのも見どころの一つでした。

こうしたドラマの進行が韓国人の好きなパターンにぴったり当てはまり、日本でも一大韓国ブームを呼び起こすきっかけとなりました。

[スポンサードリンク]

BS11最近の放送

さて、BS11では現在29話、30話あたりが放送されています。ちょうどドラマの中盤ですが、済州道に流刑されたチャングムに転機が訪れる重要な時期にあたります。

毎週月~金曜日 午後4時59分~5時55分(買い物から帰って食事を作る前に見れる時間帯ですネ)

ドラマ 宮廷女官チャングムの誓い | BS11

『チャングムの誓い』人気の秘密、あらすじ

この『宮廷女官チャングムの誓い』は、最初の放送からすでに10年以上が経過していますが、いまだにロングランを続ける人気番組です。
主演イ・ヨンエの存在感がいかに大きかったか...という事ではないでしょうか?

中宗を巻き込んだ毒アヒル事件の犯人として連座し、母ミョンイの親友で師匠だったハン尚宮(ヤン・ミギョン)を失ったチャングム(イ・ヨンエ)が、遠い済州島で傷心の日々を送っている・・・ように見えますがチャングムの気持ちは全く違うのでした。

彼女たちを陥れたチェ尚宮(キョン・ミリ)への復讐を果たそうとなんとか、都の漢陽へ戻ろうと必死で、なんども脱走を繰り返していたのですネ。

そんなチャングムの前に現れたのが済州島の医女チャンドク(キム・ヨジン)。

普通の奴婢は島を抜け出すことはできないのだが、果たそうとなんとか、都の漢陽へ戻ろうと必死で、優れた医女なら都の王宮に入るチャンスがある事を知ったチャングムはチャンドクへの弟子入りを決意するのでした。

最初は相手にしないチャンドクですが、チャングムの薬草の知識、並々ならぬ思いを知り厳しい指導を開始します。

仕事で済州島を訪れていたミン・ジョンホ(チ・ジニ)もチャングムを陰ながら支える事に。

一方、漢陽の宮殿ではチャングムの親友ヨンセン(パク・ウネ)もチャングムの無実を晴らそうと必死に事件の事を調べています。

そして、アヒル事件の直前に水剌間(スラッカン)下働き女のホンイがアヒルを食べて高熱を出していたことを突き止めますが、なぜかチェ尚宮に口止めされるという不可思議な目に遭います。

一方で、同様にアヒル事件の謎を追っていたチャングムの養父トックの妻に異変が起こるのですが・・・意外な結果がまっています。

済州島で医女の修業を積むチャングムは、そこで不思議な流刑人の診察をすることに。

患者は、チャングムの事を『薮使者』となじりますが、なんとその正体はチャングムが宮廷菜園で働いていた時に出会った医官のチョン・ウンベクだったのです。

関連記事 チャングムの誓い、第7話 「失意の日々」

どうやら風向きが変わって来た29話、30話・・・

チャングムが医女として都へ戻れるチャンスにつながっていくのか!?

ついに復讐劇の火ぶたが切られるエピソードが始まります。

あらすじ全話: 『チャングムの誓い』あらすじ全54話紹介


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧