the_flower_in_prison-v-w150

オクニョの活躍を描く韓国ドラマ『獄中花』の韓国での放送が、いよいよ最終回を迎えます。(51話・・・オクニョ 運命の女 獄中花あらすじ第51話(最終回)

前回の第49話では、明日をも知れぬ命となった明宗が病に倒れた隙をついて、ついに文定王后が牙をむき、敵対勢力のせん滅とオクニョの粛清を決行します!オクニョは辛うじて難を逃れるのですが、目を覚ました明宗は悲惨な結末に絶望し、退位を宣言するというエピソードが語られました。

獄中花あらすじ第49話

一方、明宗はオクニョが父・中宗の娘であると聞かされ、腹違いの妹であることに驚愕するシーンも紹介されます。

49話の視聴率は20.3%で、再び20%台への回復を果たしました。

photo by: cMBC

引用:「韓国TV週間視聴率」
by-8125.teacup.com

[スポンサードリンク]

第50話(最終回)のみどころ

ユン・ウォンヒュンナンジョン一派が推す河原君(ハウォングン、徳興君の長男)と明宗が興味を抱いた河城君(ハソングン、徳興君の末子)という二人の王位継承者候補が登場し、ドラマはいよいよクライマックスを迎えようとしています。

明宗はこのまま退位してしまうのか、オクニョとテウォンの恋の行方は、またオクニョを激しく憎む文定王后とのしがらみ、そして宿敵ユン・ウォンヒュン、チョン・ナンジョン一派との決戦はどんな結末を迎えるのか、興味は尽きるところがありません。

オクニョ~獄中花」全話のあらすじ

明宗即位にまつわる陰謀説

文定王后の息子明宗の即位には大きな謎があったと言われます。

中宗には、3人の王妃がいましたが、最初の王妃は、父親が暴君と呼ばれた燕山君の側近だったため、僅か1週間で追放されます。

残る二人の王妃が、中宗の後継者を生むことになりますが、それが章敬王后とその継妃文定王后です。

章敬王后は、中宗の跡を継いで第12代王となった仁宗の母ですが、出産後数ヶ月でこの世を去ったと伝えられています。

文定王后の野望

継妃となって明宗を産んだのが文定王后

明宗は即位前は慶源大君(キョンウォンデグン)と呼ばれていましたが、『宮廷女官チャングムの誓い』をご覧になった方は、天然痘にかかった幼い王子をチャングムが救うエピソードを覚えておいででしょう。

さて、慶源大君の異母兄、仁宗は即位してすぐに重病に陥り、即位から僅か8ヶ月後に崩御してしまいます。

この死の原因が毒殺ではないかと疑われていました。

ドラマ『獄中花』の中では、毒殺の陰謀の黒幕は文定王后であり、実行部隊はウォンヒュンとナンジョンであることを明確に表現していますが、公式記録には残っていません。(残せるはずがありませんよネ)

明宗を食い物にした文定王后と尹元衡

明宗が僅か12歳で第13代王に即位すると、垂簾政治を行い、文定王后は宮廷政治を牛耳ることになります。

一説によれば、自らを女君主だと名乗ったとも。

弟の尹元衡(ユン・ウォンヒュン)と結託し、国を思うがままに動かし、明宗はただの操り人形に過ぎない自分を嘆き悲しんだと伝えられています。

世子毒殺事件にはチャングムも関わっていた!?

興味深いエピソードが、『宮廷女官チャングムの誓い』の第49話に出てきます。

" 慶源大君を呪った札が見つかり、文定王后は、呪いの仕掛け人は王子の義兄の世子一派ではないかと疑います。強い不安を抱いた王后は、チャングムを呼び助けを求めるのですが、王后の真意を知ったチャングムが青ざめるというシーンです。つまり王后は、世子(仁宗)の担当医女になり病弱な世子を死に至らしめろと暗示していたのです。"

さて、

獄中花』も、いよいよ最終回です。

どんな結末が待っているのでしょうか?

獄中花あらすじ第51話(最終回)

全話あらすじはこちら


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧