左から、波岡一喜、林遣都、門脇麦

photo by av.watch.impress.co.jp

火花ドラマ化作品がNHK総合テレビで、2017年2月26日から放送されることが決まりました。(毎週日曜夜11時から連続10回)

ドラマ 火花は、お笑い芸人の又吉直樹が書いた小説で、芥川賞受賞作品としても良く知られる作品です。

この記事では、ドラマ 火花キャスト感想あらすじ等を簡単にご紹介していきます。


[スポンサードリンク]

ニュース!

ドラマ 火花とは

ドラマ 火花は、動画配信サイトNetflixで動画化された作品です。

あらすじはざっとこんな感じ。

熱海の花火大会の営業に呼ばれた、売れない芸人の徳永林遣都)は、先輩芸人の神谷と衝撃的な出会いをする。

神谷は天才肌の芸人だが、人付き合いは大の苦手というタイプ。その為、なかなか売れないで金のない生活を送っていた。

神谷のセンスに惚れ込んだ徳永は、弟子入りを申し込むが、その条件は神谷の伝記を書くことだった。

こうして二人の奇妙な付き合いが始まるが、ある日、神谷は借金苦で失踪。

久しぶりに徳永が再会した神谷劇的な変身を遂げていた...というもの。

ドラマ『火花』のあらすじと感想まとめサイト

火花のキャスト

  • 林遣都徳永役):売れない漫才コンビ「スパークス」のボケ担当
  • 波岡一喜神谷役):先輩芸人、漫才コンビ「あほんだら」のボケ担当
  • 好井まさお(徳永の相方、山下役)
  • 村田秀亮(神谷の相方、大林役)
  • 門脇麦(神谷の恋人?宮野真樹役)

このほか、染谷翔太徳永えり高橋メアリージュン小林薫菜葉菜など魅力的な脇役も登場し、ドラマを盛り上げてくれます。

ドラマ 火花の感想

小説版 火花は純文学作品なのでやや難解な感じ。

又吉自身が語っていた様に「文学とエンターテイメントの両立は難しい」というコメントが良く分かります。

小説の火花では表現しきれなかったエンターテイメント性を、ドラマで動画化する事で、かなり楽しめる内容になっていると言う印象です。

ドラマの中では、漫才が実際に披露されたり、本物のお笑い芸人が登場するなど見どころも多いという感じ。

お笑い芸人の世界の光と影、成功と挫折が興味深く描かれています。

天才肌で周囲に媚びないストイックな神谷と、ストイックだが周りに流されてしまう徳永との対照的な生き方が印象的でした。

最近、会長が代わり、民放とガチンコ勝負も辞さずというNHKがNetflix、吉本興業と組んで送り出す意欲動画作品です。

ドラマ『火花』のあらすじと感想まとめサイト

NHK公式サイト: ドラマ 火花


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧