被告人』......チソン主演の韓国ドラマが2017年6月10日から日本で初放送となるようです。

被告人』は最高視聴率28.3%(最終回、ニールセンコリア調べ)を記録した話題のSBSドラマで、ユリ(少女時代)も弁護士役で出演した作品です。

気になる日本放送予定ですが、韓流チャンネルのKNTVで毎週土、日の夜10:00~11:15の間で放送される事になっています。(全18話構成)

この記事では、被告人のあらすじやキャスト、ドラマの見どころなどを追ってみました。


[スポンサードリンク]

ドラマ『被告人』とは

photo by news.kstyle.com

記憶を失い、監獄で目が覚めたソウル中央地方検察庁のエリート検事ジョンウ(チソン)......妻と娘を殺したという全く覚えのない罪で、突然、死刑囚に転落した男が、自身の無実を証明するため戦いを始めるというドラマです。

ドラマ『被告人』のあらすじ

ジョンウ(チソン)は、ソウルの中央地方検察庁で働く熱血エリート検事。日夜、様々な不正や悪を糾弾し断罪する腕利き検事だったが、娘の誕生日を祝った夜、幸福感に包まれて眠りにつく。

翌朝、目覚めると、そこは監獄の中!

何と、自分が妻と娘を殺害した罪で服役している事を知らされ驚愕する!

自分が何故こんな境遇になってしまったか、まるで状況が掴めず混乱するばかりのジョンウだったが、彼は4ヶ月間の記憶を完全に喪失していたのだ。

今から4ヶ月前のこと......。

ジョンウは、とある財閥の副社長ミンホ(オム・ギジュン)を殺人未遂の罪で追っており、彼を逮捕する寸前だったのだが......。

どうしてジョンウは殺人犯になったのか?、一体彼に何が起こったのか!?

こうして、冤罪と戦うジョンウの物語が始まる。

ドラマ『被告人』の主なキャスト

パク・ジョンウ(チソン)

主人公、ソウル中央地方検察庁のエース検事。

チ・ソンのプロフィールと出演ドラマ

チャ・ミンホ(オム・ギジュン)

チャミョングループの副社長。極悪非道な悪漢。

チャ・ソンホ(オム・ギジュン二役)

ミンホの双子の兄。弟のミンホに自首を勧めるが殺されてしまう。

ソ・ウネ(少女時代 クォン・ユリ)

ジョンウを担当する事になった新米の国選弁護人。

カン・ジュンヒョク(オ・チャンソク)

チョンウの同僚でライバル。実は、事件の鍵を握る人物でもある。

ナ・ヨンヒ(オム・ヒョンギョン)

ソンホの妻。倒産した財閥の娘。

ソン・ギュ(キム・ミンソク)

ジョンウと同部屋の囚人。刑務所でジョンウが心を開く人物。

ドラマ『被告人』の見どころと魅力

「2015MBC演技大賞」大賞を受賞した演技派俳優チソンの主演最新作です。

チソンが、役作りのために6キロも減量したと話題の作品。

アイドルグループ「少女時代」のユリチソンを助ける国選弁護人としてどんな演技を見せるのかも見ものです。


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧