tokebi

photo by jp.mnet.com

韓国ドラマ「鬼<トッケビ>(2016年 韓国tvN)で主演した俳優のコン・ユ(競演キム・ゴウン)が、伝統ある「第53回百想(ペクサン)芸術大賞」で、テレビ部門男性最優秀演技賞に輝きました。授賞式でコン・ユは涙を浮かべていたそうです。

また、イ・ウンボク監督脚本家のキム・ウンスク、競演の女優キム・ゴウン、そして支えてくれたファンに感謝の気持ちを伝えました。

そこで、この記事では、コン・ユに最優秀演技賞受賞をもたらしたドラマ「鬼<トッケビ>」のあらすじとキャストに簡単に触れてみたいと思います。


[スポンサードリンク]

ニュース!

「鬼<トッケビ>」の簡単なあらすじとキャスト

tokebi鬼<トッケビ>」は、鬼(演コン・ユ)が、不老不死の命に終止符を打つために、鬼の花嫁(演キム・ゴウン)と出逢い、奇妙な愛を育むラブファンタジーです。

あらすじ

王の嫉妬を買い反逆の罪を着せられ、処刑された高麗時代の武人キム・シン(コン・ユ)は、不老不死の鬼(トッケビ)となって、900年余りも生き続けている。

そんなある日の事、トッケビは、かつて事故から救った妊婦の娘、チ・ウンタク(キム・ゴウン)と18年後に再会を果たす。トッケビは、ウンタクが自分の命を終わらせてくれる鬼の花嫁ではないかと期待するのだが...

鬼 トッケビ

主なキャストとスタッフ

トッケビ(キム・シン)役はコン・ユ。ヒロインのチ・ウンタク役には、キム・ゴウン。また、ユク・ソンジェ、ユ・インナ、イ・エル、キム・ソンギョム、ヨム・ヘラン、チョン・ヨンギなど個性あふれる俳優や女優が登場し、ドラマを盛り上げています。

photo by www.wowkorea.jp

「鬼<トッケビ>」のみどころ

最高視聴率20%(平均14.7%、ソウル首都圏、ニールセン調べ)を記録したトッケビは韓国で社会現象を巻き起こすほどの人気でした。特に、第1回の視聴率は、いきなり『恋のスケッチ~応答せよ1988~』を抜き、tvN歴代初回視聴率第1位を記録したほど。

多彩な俳優・女優陣はさることながら、脚本家が、大ヒット作『太陽の末裔』のキム・ウンスクということで、注目度も高かった事が人気の原因と言えるでしょう。

ドラマはラブストーリーですが、鬼(トッケビ)はファンタジーやコメディ要素もたっぷり。思わずニヤリと笑えたり、胸キュンで感動する事もできる巧みな構成が魅力です。

「鬼<トッケビ>」の関連記事


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧