『ムクゲの花が咲きました』......ト・ジハンイム・スヒャン主演の韓国ドラマが2017年5月29日から放送開始されました。

放送は、KBSで月~金午後8時25分からです。

初回視聴率21.6%(ニールセンコリア調べ)と高視聴率をマーク。

この記事では、『ムクゲの花が咲きました』のあらすじやキャスト、ドラマの見どころなどを追ってみました。



[スポンサードリンク]

ニュース!

ドラマ『ムクゲの花が咲きました』とは

2016092201

photo by: Kstyle

警察という階級組織の中で、家柄も良くエリート警察官チャ・テジン(ト・ジハン)と、正義感が強いが少しドジなム・グンファ(イム・スヒャン)が、試練を乗り越え成長していく姿がコミカルに描かれたドラマです。

ドラマ『ムクゲの花が咲きました』のあらすじ

舞台の中心は交番。

代々続く由緒正しい宗家一代の子孫チャ・テジンは、警察学校を卒業しエリート警察官となりました。
彼は曲がった事が大嫌いで、 堅物警官。

警察階級組織の中で最も≪乙≫であるム・グンファは、おっちょこちょいながらも警察階級組織の中の≪甲≫に、勇敢に立ち向かいます。

様々な事件に遭遇しながら、日々成長する姿は見逃せません。

ト・ジハンとイム・スヒャンのタッグも見どころですが、チャ・テジンに恋するジャン・ウンジュ(KARA元メンバーパク・ギュリ)との関係にも注目です。

またチャ・テジン、ム・グンファらの家族も登場します。

第1話は、チャ・テジンとム・グンファの出会いが描かれています。

ドラマ『ムクゲの花が咲きました』の主なキャスト

チェ・テジン役(ト・ジハン)

エリートで頑固者、正義主義者のツンデレ警察官

ト・ジハンの出演ドラマ

ム・グンファ役(イム・スヒャン)

元ボクサー、正義感が強いがそそっかしい警察官

イム・スヒャンの出演ドラマ

ジャン・ウンジュ役(パク・ギュリ)

はっきりした性格で、チェ・テジンに恋する警察官

パク・ギュリの出演ドラマ

ソンオク役(ユン・ボクイン)

グンファの母

その他、イ・チャンウク、ナム・ボラ、イ・ウンヒョン、キム・ジェスンが登場します。

ドラマ『ムクゲの花が咲きました』の見どころと魅力

イム・スヒャンらの可愛い敬礼服姿は見どころの一つと言えるでしょう。

また、『一途なタンポポちゃん』を手掛けたヨム・イルホ演出という事で注目です。

ト・ジハンといえば『花郎(ファラン)』で、容姿端麗、優れた知的能力に加え負けず嫌いの冷血美男子パルリュを演じました。
今回の役と類似しますが、どのように演技するか楽しみです。

また、最高視聴率30.8%を記録し、2月26日に放送終了した『吹けよ、そよ風』でオ・ジウンの代役として急遽ミプン(イム・ジヨン)のライバル役シネを見事に演じ切ったイム・スヒャン。

そして、『チャン・ヨンシル』でチュ大監の娘役を演じ、暫くドラマに出演していなかったパク・ギュリの演技にも注目です。


参考サイト ※別のサイトへ飛びます

韓国ドラマ視聴率ランキング

公式サイト:KBS


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧