tokebi
(photo by: BS日テレ)

『チュノ(推奴)』BS日テレで2017年10月25日から放送開始されます。
『王の顔』の後番組です。
ドラマの放送は毎週月曜~金曜の12時からで、全24話となっております。

瞬間最高視聴率41.9%を記録した奴婢と奴婢を追う奴婢ハンターの切ない愛を描いたアクション時代劇が幕をあけます。

関連URL:「チュノ 推奴 」あらすじと感想(別サイトへ飛びます)

[スポンサードリンク]

ニュース!

さて、『チュノ(推奴)』 は2010年に韓国KBSで放送され、平均視聴率32%のドラマです!(視聴率はニールセン・コリア調べ)

『チュノ(推奴)』 あらすじ

裕福な使用人両藩の家庭に生れたイ・テギル(チャン・ヒョク)は、家の使用人である奴婢オンニョン(イ・ダヘ)と密かに愛を育んでいました。

そんなある日、オンニョンの兄クンノム(チョ・ジェワン)が、テギルの父(コ・インボム)を殺め、屋敷を放火してしまったのです。

そしてオンニョンを連れ、逃亡したのでした。

時は流れ・・・10年後。

テギルは、チェ将軍(ハン・ジョンス)とワンソン(キム・ジソク)と手を組み、逃亡した奴婢を捕える推奴師になっていたのでした。

しかしテギルの目的は単に奴婢を捕まえるだけでなく、オンニョンを探していたのです。

[スポンサードリンク]

『チュノ(推奴)』 キャスト

イ・テギル役(チャン・ヒョク):朝鮮最高の推奴。

ソン・テハ役(オ・ジホ):朝鮮最強の武将。

オンニョン役(イ・ダヘ):テギルの初恋相手、奴婢。

ワンソン役(キム・ジソク):テギル一味の弟分。

チェ将軍役(ハン・ジョンス):テギル一味の頭脳。

ソルファ役(キム・ハウン):テギル一味の紅一点。

ファン・チョルン役(イ・ジョンヒョク):テハに次ぐ武将。

オッポク役(コン・ヒョンジン):奴婢団の凄腕。

ドラマの見どころ

オ・ジホは、時代劇初挑戦彼の俳優人生の大きな転機にもなったようです。

ヘウォンを追う護衛武士ペッコを演じるデニー・アンは、元g.o.dのメンバーで元祖演技ドルと呼ばれました。

関連URL(別サイトへ飛びます):『チュノ(推奴)』あらすじ

[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧