tokebi
(photo by: bs-tbs)

『ファン・ジニ』BSプレミアムで2017年12月2日から放送開始されます。
『三銃士』の後番組です。
ドラマの放送は毎週土曜の8時30分からで、全24話となっております。

『チェオクの剣』『奇皇后』で大活躍のハ・ジウォンがファン・ジニを演じました。
自ら妓生(キーセン=芸妓)の世界に飛び込んだファン・ジニの波乱万丈の人生が幕をあけます。


[スポンサードリンク]

ニュース!

関連URL(別サイトへ移動します)

さて、『ファン・ジニ』 は2006年に韓国KBSで放送され、最高視聴率29.3%のドラマです!(視聴率はニールセン・コリア調べ)

『ファン・ジニ』 あらすじ

時は16世紀、両班の父と妓生の母ヒョングム(チョン・ミソン)との間に生れたファン・ジニ(名前を呼ぶときだけチニ)。

チニを妓生にしたくなかったヒョングムは、生れてすぐチニを山寺に預けました。

10歳になったチニは、ある日町で華麗に舞を舞う妓生に憧れ、自ら妓生の育成機関《教坊》に飛び込みます。

しかしそこはヒョングムがいる、松都教坊だったのでした。

自分が妓生だった為に、愛する人と結ばれなかった悲しい過去を持つヒョングムは、チニには同じ思いをさせたくないと反対します。

その言葉に耳を貸すことなく、ひたすら厳しい芸に打ちこむチニだったのでした。

しかし、両班の息子ウノ(チャン・グンソク)と出会い・・・。

[スポンサードリンク]

『ファン・ジニ』 キャスト

ファン・ジニ役(ハ・ジウォン):松都(ソンド)の妓生(キーセン)、信念を貫き通す真っ直ぐな性格、美貌と才能があるうえに努力家。

ペンム役(キム・ヨンエ): チニの師、チニの才能を一瞬で見抜く、松都教坊の行首。

キム・ウノ役(チャン・グンソク):チニの初恋の人、許婚がいるのでチニに一目惚れし、葛藤している。

キム・ジョンハン役(キム・ジェウォン):礼曹判書、王からの信頼が厚い。

ヒョングム役(チョン・ミソン): チニの母、身分の違いから捨てられ、その悲しみから失明する。

メヒャン役(キム・ボヨン):ペンムのライバル、ペンムの才能を恐れている、女楽の行首。

関連URL(別サイトへ移動します)

ドラマの見どころ

『チェオクの剣』では、男勝りな女剣士役を演じたハ・ジウォン

今回は持って生まれた美貌と華麗な舞を披露する妓生と180度イメチェン

舞は、韓国無形文化財から指導を受けたり、ダンスや音楽のレッスンにも励んだそうです。

また初恋相手役のチャン・グンソクは、8歳年下

19歳のチャン・グンソクと27歳のハ・ジウォンの10代カップルに見える自然な演技にも注目です。

関連URL(別サイトへ移動します):『ファン・ジニ』あらすじ

[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧