tokebi
(photo by: innolife.net)

『六龍が飛ぶ』テレビ東京で2017年12月14日から放送開始されます。
『雲が描いた月明かり』の後番組です。
ドラマの放送は毎週月曜~金曜の8時15分からで、全50話となっております。

代表作『チャン・オクチョン』のユ・アインと代表作『匂いを見る少女』のシン・セギョンが演じた朝鮮王朝建国の為に立ちあがった6人の英雄の物語です。
果たして6人の英雄【6龍】として誰が登場するのでしょう!!


[スポンサードリンク]

ニュース!

関連URL(別サイトへ移動します)

さて、『六龍が飛ぶ』 は2015年に韓国SBSで放送され、最高視聴率17.3%を記録しました。(視聴率はニールセン・コリア調べ)

『六龍が飛ぶ』 あらすじ

時は高麗末期の14世紀。

無敵の武将として有名なイ・ソンゲ(チョン・ホジン)の5男として生れたイ・バンウォン(ユ・アイン)。

彼は日頃から父に憧れ、父のように強くなりたいと願っていました。

しかし、誰よりも強いと思っていた父が、敵であるイ・インギョム(チェ・ジョンウォン)に弱みを握られ、頭を下げている姿を目の当たりにしたのです。

そんな時、民衆の前で正々堂々戦うチョン・ドジョン(キム・ミョンミン)の姿に感銘を受けたバンウォンは、成均館に入学しました。

6年後、殺人現場を目撃したバンウォンが犯人の後を付けるとある洞窟へとやってきます。

洞窟の中で地図を見つけたバンウォン。

そして【新たな国を建設する】という志を持つ者がいる事を知るのでした・・・。

[スポンサードリンク]

『六龍が飛ぶ』 キャスト

【6龍】イ・バンウォン役(ユ・アイン):イ・ソンゲの五男、後の朝鮮第3代王・太宗、自由気ままに過ごし、純粋に育った。

【6龍】チョン・ドジョン(三峰:サムボン) 役(キム・ミョンミン):イ・ソンゲの策士、イ・バンウォンの師、儒学者。

【6龍】ブニ役(シン・セギョン):チョン・ドジョンの同志、イ・バンウォンの恋人、母を兄と探している。

【6龍】イ・バンジ(タンセ)役(ピョン・ヨハン):ブニの兄、チョン・ドジョンの護衛、三韓一の剣の達人。

【6龍】ムヒュル役(ユン・ギュンサン):イ・バンウォンの護衛、祖母と8人の弟妹を養うために武術の修業を積む。

【6龍】イ・ソンゲ役(チョン・ホジン): イ・バンウォンの父、朝鮮初代王・太祖、勇猛な武将。

関連URL(別サイトへ移動します)

ドラマの見どころ

『六龍が飛ぶ』は、2015年 SBS演技大賞 12冠を受賞しました。

また、キム・ミョンミン『不滅の李舜臣』から10年ぶりとなる時代劇出演を果たしました。

総勢130名を超える若手実力俳優からベテラン俳優が集結した作品です。

日本でもおなじみのユンソナも登場します。

関連URL(別サイトへ移動します)


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧