韓国ドラマ『黄金色の私の人生』のあらすじ、キャストを解説

『黄金色の私の人生』全50話がKBS Worldで2017年12月16日より日本初放送となります。

このドラマは韓国KBSで2017年9月2日から放送開始。

現在も韓国で放送されており、12月10日に第30話が放送されました。

韓国ドラマでは2年ぶり視聴率40%突破、現在最高視聴率41.2%で注目されています。(ニールセンコリア調べ)

因みに2年前のドラマ『家族なのにどうして』が最高視聴率44.4%でした。

しかも、5年ぶり地上波ドラマに復帰したパク・シフ主演です。

苦難を乗り越えていくヒロイン役には、『青い海の伝説』『ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人』などで多様な役柄を好演した新鋭女優シン・ヘソン

全世代が共感できる家族愛とロマンスが描かれた最新ヒューマンラブストーリーが幕を開けます。

関連URL(別サイトへ移動します)



[スポンサードリンク]

『黄金色の私の人生』のあらすじ


(photo by: kstyle

ネタバレ注意

ヘソングループで働く契約社員2年目のソ・ジアン(シン・ヘソン)は、正社員になる為に必死に働き、何事に対しても反発しない≪イエスウーマン≫です。
ジアンには二卵性の双子ソ・ジス(ソ・ウンス)がいて、彼女は片思いの恋愛に夢中だったのでした。
ジスに対し、恋愛はお金持ちがすることだと、ジアンは冷めた目で見ています。
一方、ヘソングループの御曹司チェ・ドギョン(パク・シフ)はジェントルマン。
ある日、上司の車で外出したジアンは、よりによってドギョンの車と接触してしまいます。
500万ウォン(約50万円)で示談にしてもらったジアンだったのでした。
数日後、正社員発表の日誰もがジアンが正社員になると思っていましたが・・・。

[スポンサードリンク]

『黄金色の私の人生』の見どころ

何といってもパク・シフ5年ぶりの地上波ドラマ復帰!!でしょう。

2012年『清潭洞<チョンダムドン>アリス』以来ドラマから姿を消したパク・シフ

2013年に事件を起こしてからというもの、ドラマには出演していませんでした。

しかし今回2010年『検事プリンセス』で息を合わせた脚本家ソ・ヒョンギョンの説得により、復帰が実現したのです。

復帰について賛否両論あるようですけど、視聴率だけをみると期待されている事が分かります。

視聴者の心に響くような演技に期待したいですネ。

参考サイト 別サイトへ飛びます

キャストの紹介

ソ・ジアン役・・・シン・ヘソン

ヘソングループ契約職2年

正社員になるために日々努力している

シン・ヘソン代表作:『青い海の伝説』では、才色兼備で女性のあこがれの的チェ・シア役を演じました。

チェ・ドギョン役・・・パク・シフ

ヘソングループ戦略企画チーム チーム長

ヘソングループの後継者

パク・シフのプロフィール

ソ・テス役・・・チョン・ホジン

ヨジアンの父親

社長にまで上り詰めたが不渡りを出し会社は倒産、今は日雇いの日々

チョン・ホジンのプロフィール

ソンウ・ヒョク役・・・イ・テファン

ジアンの高校の友人

DIYインテリアショッピングモールを運営する青年実業家

イ・テファン代表作:『華政(ファジョン) 』では、光海君の少年時代役を演じました。

ソ・ジス役・・・ソ・ウンス

ジアンの二卵性双生児の妹

短大歯科衛生科を卒業後、アルバイト生活

ニュース!


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧