韓国新ドラマ『キム秘書がなぜそうしたか?』のあらすじ、キャストを解説

『キム秘書がなぜそうしたか?』tvNで2018年6月6日より放送となります。

『私のおじさん』の後番組として毎週水・木曜日の21時30分から放送。

原作は、同名のウェブ小説をベースとしたウェブ漫画です。
『ゴハン行こうよ』などのヒット作を製作したパク・ジュンファ監督が手がけているロマンチックコメディ。
財力、容姿、才能に恵まれナルシストの塊のような副社長を主人公として、彼の完璧な秘書の退職をめぐっての葛藤とロマンスを描いたドラマです。
容姿端麗な上に演技力も高いパク・ソジュンやイ・ステファンなどが出演して、それぞれの役を熱演しています。



[スポンサードリンク]

『キム秘書がなぜそうしたか?』のあらすじ


(photo by: tvn

ネタバレ注意

財閥の2世として生まれ、容姿、才能にも恵まれたイ・ヨンジュン(パク・ソジュン)は親の会社の副社長として働いています。
そういう彼は、全てを持っているが故に超ナルシストで自己愛の塊という欠点がありました。
本人は、全くそのことに気がついていないのです。
そんな彼を会社で9年にも渡ってサポートしているのが、「伝説の秘書」と言われるぐらいに完璧な秘書であるキム・ミソ(パク・ミニョン)。
ところが、9年にも渡り完璧な秘書として働いてきたキム・ミソが秘書を辞めたいと言い出したことから大きな波乱が起きるのです。

何とかキム・ミソの辞意を翻そうと悪戦苦闘するイ・ヨンジュンでした。
キム・ミソが起こした波乱からイ・ヨンジュンは、キム・ミソの秘書としてではなく女性としての部分に気づくようになります。
そこから、2人の恋の駆け引きが始まりました。
果たして、イ・ヨンジュンはキム・ミソを秘書としてつなぎとめることができるのでしょうか?
あるいは、秘書としてではなく女性として側に居させることができるのでしょうか?

[スポンサードリンク]

『キム秘書がなぜそうしたか?』の見どころ

特に、ナルシストの権化の様なイ・ヨンジュン役パク・ソンジュンの軽妙な演技が見所の1つ
相手役を演じるパク・ミニョンは演技力に定評があり数々の話題作に出演した経験があるので、コミカルな演技も見応えがあります。
この優れた演技力のある2人が出演するドラマ、見応えのある作品であることに間違いありません。

しかも、清潔感があふれる容貌と確かな演技力で日本でも人気が急上昇中のパク・ソジュンの素敵なスーツ姿を、このドラマでは堪能できます。
大人の男性の魅力ではなく、どことなく少年ぽさが残るパク・ソジュンが、どのように秘書との恋を成就?させるのでしょうか。
また、パク・ソジュンがどのようなナルシストを演じるかがこのドラマの大きな見せ場でもあります。
さらに、自己愛の塊であるパク・ソジュン演じるイ・ヨンジュンが秘書を愛するようになるかも大きな見所。

一方、パク・ミニョン演じる秘書のキム・ミソはどのようにしてイ・ヨンジュンを愛するようになるのかが気になりますね。
9年に渡って超ナルシストのイ・ヨンジュンを秘書としてサポートしてきたので、きっとイ・ヨンジュンに対してかなりの不満を持っているはずです。
そんな彼女がイ・ヨンジュンに魅力を感じるようになるのです。
是非、このドラマでパク・ソンジュンのツンデレぶりを楽しみましょう。

キャストの紹介

イ・ヨンジュン役:パク・ソジュン

財力、才能、容姿、全てを備えた財閥2世。

超ナルシスト。

パク・ソジュンの代表作

キム・ミソ役:パク・ミニョン

秘書から運転手まで全ての仕事を完璧にこなす秘書。

パク・ミニョンのプロフィール

イ・ソンヨン役:5urpriseイ・テファン

ベストセラー作家

5urpriseイ・テファンの出演作品『華政』あらすじ

パク・ユシク役:カン・ギヨン

イ・ヨンジュンの親友。

カン・ギヨンの出演作品『輝いたり狂ったり』あらすじ

コ・グィナム役:2PMチャンソン

財閥グループの職員。

2PMチャンソンの出演作品『七日の王妃』あらすじ

チェ女史役:キム・へオク

イ会長の妻。

キム・へオクの出演作品『いとしのソヨン』あらすじ

関連URL(別サイトへ移動します)

ニュース!


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧