韓国現代ドラマ『キャリアを引く女』のあらすじ、キャストを解説

『キャリアを引く女』が6月18日(月)からBSジャパンで放送開始です。月曜~金曜の14:56から放送。

全20話の法廷を舞台にした大人のロマンスを描いたドラマです。

韓国では、2016年にMBCの月火ドラマとして放送され話題になりました。

このドラマ、甘いだけのロマンスドラマではなくミステリーも織り込まれ見応えのあるドラマに仕上がっています。

主人公のチャ・グムジュを日本でも人気のあるチェ・ジウ(冬のソナタ)が、弁護士になれなかったという劣等感を持つ有能な事務長を演じました。
そして、チュ・ジンモ奇皇后)が元検事でゴシップニュースを中心に扱うkfact社の自信たっぷりな代表を演じています。



[スポンサードリンク]

『キャリアを引く女』のあらすじ


(photo by: MBC

ネタバレ注意

かつては弁護士を目指していたグムジュ(チェ・ジウ)は、今は妹へジュ(チョン・ヘビン)が弁護士として活躍する法律事務所の有能な事務長としてキャリアを積んでいます。
グムジュの法律事務所が、ゴシップニュースを専門とするkfact社を名誉棄損で有罪に導くことに成功しました。
その際に出会ったkfactの代表であるボッコ(チュ・ジンモ)とグムジュは険悪な関係になります。
ある少年の無実を証明しようとしたグムジュでしたが、何者かの差し金で身に覚えのない罪で逮捕されました。
その事件から、グムジュは夫、職、全てを失ってしまいます。
日々、職探しに奔走するグムジュでした。

そんなグムジュの元に、ある女優から性的暴行の罪で訴えられたボッコが助けを求めてやって来ました。
そして、グムジュは新人弁護士のソグ(イ・ジュン)ともにボッコの無実を勝ち取ることに成功します。
そのことで、ボッコの信頼を得て彼の支援を受けて新しい法律事務所ゴールデンツリーを設立して新しいスタートをきるグムジュでした。

[スポンサードリンク]

『キャリアを引く女』の見どころ

チュ・ジンモ、チェ・ジウなど演技力の十分ある俳優が揃っているので、安心してドラマの展開を楽しめます。

最大の見所は、グムジュ、ボッコ、へジュのラブラインの行方です。
主人公のグムジュの生き方にきっと勇気をもらう人が多いでしょう。
クムジュは、度重なる不幸にめげることなく司法試験恐怖症を克服して、一度失った弁護士への夢をかなえるのです。
涙の女王と言われていたチェ・ジウですが、このドラマで何があってもめげることなく前向きに生きるたくましい女性も演じることができることを証明しています。
そう言った意味合いで、チェ・ジウの演技の幅を再確認するという視点でこのドラマを見るのも楽しいですね。

さらに、グムジュの妹へジュの姉への屈折した思いと葛藤は見応えがあります。
また、ジンモ演じるボッコが惹かれ始めたグムジュへの横暴ぶりが好きな女の子をいじめる小さな男の子のようで笑えます。
シリアスな中にも、適度な笑いを込めているので飽きることなく楽しめるドラマです。
是非、お楽しみください。

キャストの紹介

チャ・グムジュ役:チェ・ジウ

弁護士になる夢を断念した後、法律事務所の事務長として勤める。

無実の罪で逮捕されて、全てを失うがボッコの支援によって新しいスタートを切るこにになる。

チェ・ジウのプロフィール

ハム・ボッコ役:チュ・ジンモ

元検事。

スキャンダルニュースを専門に扱うkfact社の代表。

外部からの圧力には絶対に屈しないという強い性格を持つ。

チュ・ジンモのプロフィール

マ・ソグ役:イ・ジュン

正義感に満ちた新米弁護士。

グムジュの良きパートナーとなり、グムジュへの思いを育むことになる。

イ・ジュンの代表作

パク・へジュ役:チョン・へビン

グムジュの義理の妹。

不倫という辛い体験が心の傷として残っている。

姉グムジュへ屈折した思いを持つ。

ボッコに惹かれるようになる。

チョン・へビンのプロフィール

ニュース!


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧