韓国現代ドラマ『浪漫ドクターキム・サブ』のあらすじ、キャストを解説

『浪漫ドクターキム・サブ』が6月21日(水)からテレビ東京で放送開始です。月曜~金曜の9:15から放送。

全20話のヒューマンメディカルドラマです。

2016年に韓国で放送され27.6%の高視聴率を記録、主役のキム・サブを演じたハン・ソッキュは2016年SBS演技大賞の大賞を受賞しました

最新医療機器など揃っていない田舎の大学病院の分院を舞台に、伝説の外科医と出会った2人の若手医師の成長と恋を中心に描いたドラマです。

韓国での高視聴率が示すように、生き方や理想の医師について考えさせられ、見応えがあります。



[スポンサードリンク]

『浪漫ドクターキム・サブ』のあらすじ


(photo by: SBS

ネタバレ注意

子供の時に、病院で父親の治療がVIPを優先的に治療されたことから、父親を亡くした辛い経験を持つカン・ドンジュンは、医大で優秀な成績を修めて医師になります。
医師としての成功を大きな目標としていたドンジュンでしたが、病院では医師の家庭の主審者が優遇されている現実に晒されて辛い毎日を送っていました。
そんなドジュンがVIPの手術に失敗し責任を取らされて、田舎にあるトルダム病院に左遷されます。

意気消沈のドンジュンでしたが、左遷されたトルダム病院で初恋の相手である先輩医師ユン・ソジョンい再会しました。
また、伝説の医師と言われたキム・サブと出会い、教えを受けることになります。
トルダム病院で医師としての本来の目的に目覚め成長するドンジュンでしたが、そのような日々を覆るようなことがおこるのです。

[スポンサードリンク]

『浪漫ドクターキム・サブ』の見どころ

ドラマを通して緊張感が満ちているので、ハラハラドキドキしながら楽しめるドラマです。
その中でも、年上の女性を恋することになるカン・ドンジュンの姿に女性の心はときめくに違いありません。
そして、なによりも全てを捨てて本来に医療を求める正義感に満ちたキム・サブの生き方に心惹かれる人は多いと思います。

また、キム・サブを演じるハン・ソッキュが久々の現代ドラマに出演しているのもこのドラマの最大の見所です。
名優と言われるハン・ソッキュが、厳しく叱りつけながらも温かく新米医師を育てる天才外科医をとても上手く演じるいるのをこのドラマの中で楽しめます。
しかも、このドラマは本当の医師とはどのような物であるか人間が生きる意味とはを人々に問いかけています。

このドラマを見た人は、人が生きるには地位とか名誉が必要なのではなく人が人らしく生きることが大切であることをきっと知るにちがいありません。
是非、このドラマを見て「生きる」意味について考えてみてください。

キャストの紹介

キム・サブ役:ハン・ソッキュ

トルダム病院に勤務する外科医。

かつては、神の手を持つと言われた伝説の天才外科医である。

今は、全てを捨てて僻地の小さな診療所に勤めている。

ハン・ソッキュのプロフィール

カン・ドンジュン役:ユ・ヨンソク

トルダム病院の外科医。

貧しい家庭で育つも、父親の死をきっかけに医師を目指した。

ユ・ヨンソクの代表作

ユン・ソジョン役:ソ・ヒョンジン

トルダム病院の心ぬい深い傷を持つ女性外科医。

ドンジュンの憧れの女性でもある。

ソ・ヒョンジンのプロフィール

ニュース!


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧