韓国現代ドラマ 『推理の女王』のあらすじ、キャストを解説

『推理の女王』は、『グッド・ドクター』『ヒーラー~最高の恋人~』の選出をてがけた、キム・ジヌが担当したラブコメで、BS-TBSで9月7日から月曜~金曜日17:00に放送されます。

このドラマは第2弾も制作されるほどの人気ドラマで、2018年にKBS 2TVで全16話で韓国で放送されました。

推理マニアの平凡な主婦が、熱血刑事のパートナーとなり難事件の解決に乗り出すストーリー

その事件解決の過程で、熱血刑事との絆を強めていくのが見所です。
(photo by: KBS



[スポンサードリンク]

『推理の女王』のあらすじ

ネタバレ注意

かつては警察官になることが夢であったユ・ソロク(チェ・ガンヒ)は、検事の夫と穏やかな生活を楽しんでいました。
ソロクは、推理マニアと言われるほどに推理が好きでした。

ある日、偶然に派出所に居合わせて事件を解決したことから、所長のホン・ジュノ(イ・ウォングン)と知り合いになります。
そして、次の事件の解決も手助けすることになりました。
ところが、ソロクは麻薬担当刑事であるハ・ワンスン(クォン・サンウ)を犯人と間違えるという失態を犯します。

最悪の出会いからワンスンは、ソロクへの反感を隠せなかつたのですが、ソロクの推理能力の高さに2人で難事件の数々の解決に乗り出すのでした。

[スポンサードリンク]

『推理の女王』の見どころ

1番の見所は、クォン・サンウとラブコメの女王と言われるチェ・ガンヒの共演です。
2人が最悪の出会いを経て、恋愛感情を超えた絆を築くようになる過程は、見ていてほのぼのとします。

また、ソロクを「師」と崇める若い派出所所長との関係もどのようになるか気になります。

素敵な男性2人とかかわりのあるソロクですが、ソロクの夫との関係はどんなものかも気になりますね。

その気になる展開については、ドラマを見て確認してくださいね。

キャストの紹介

ハ・ワンスン役:クォン・サンウ

熱血刑事。

クォン・サンウのプロフィール

ユ・ソロク役:チェ・ガンヒ

推理マニアの主婦。どうしても人の事に口出しをしてしまうお節介やきでもある。

チェ・ガンヒのプロフィール

キム・ホチョル役:ユン・ヒソク

ソロクの夫で検事。ソロクの捜査活動に協力。

ユン・ヒソクの代表作

ホン・ジュノ役:イ・ウォングン

派出所の所長で、ソロクを「師」と仰ぐほど心酔している。

チョン・ジウォン役:シン・ヒョンビン

弁護士で、ワンスンを慕い結婚を熱望している。ところが、ワンスンは彼女に全く興味がないのが問題。

シン・ヒョンビンの代表作

関連URL(別サイトへ移動します)

ニュース!


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧