韓国現代ドラマ 『鬼』(トッケビ)のあらすじ、キャストを解説

韓国tvNの開局10周年記念として2016年に放送された『トッケビ~君がくれた愛しい日々』全24話が、BSフジで9月13日から月曜~金曜日14:59に放送されます。

脚本は、『シークレット・ガーデン』『太陽の末裔Love Under The Sun』を手掛けたキム・ウンスクです。

しかも、美しい映像を撮ると定評のあるイ・ウンボク監督が担当しています。

そして、俳優としての高い評価と人気を持つコン・ユ、イ・ドンウクの2人のイケメン男優が共演しています。

さらに、若手女優ですが演技力を出演作ごとに証明しているキム・ゴウンの自然な演技を楽しめます。

絶対に面白いドラマに仕上がっているに違いない作品です。


(photo by: tvn



[スポンサードリンク]

『鬼』(トッケビ)のあらすじ

ネタバレ注意

高麗時代、武勲が高く人望も厚いキム・シン(コン・ユ)は、王を操る文官によって逆賊として命を落としました。

ところが、彼は神から不滅の命を与えられ900年を生き続けています。
不滅の命を終わらせることができるのは、トッケビの花嫁。

現在を生きるトッケビは、ある日トッケビの花嫁だと主張する、女子高生チ・ウンタク(キム・ゴウン)に出会います。
そんな時、トッケビの執事の孫息子ユ・ドクファ(ユク・ソンジェ)が、トッケビの了承を得ることもなくトッケビの家の間借り人として、死神を連れてきます。
最初はいがみ合っていたトッケビと死神でしたが、いつの間にか友情めいたものが芽生えます。

寡黙な死神が、恋したのがウンタク(キム・ゴウン)が働くチキン店の店主サニーでした。
親しくなる4人でしたが、実は彼らは深い因縁で結ばれていたのでした。

[スポンサードリンク]

『鬼』(トッケビ)の見どころ

このドラマの1番の魅力は、コン・ユが演じるトッケビです。

決し死ぬことがないトッケビの孤独と疲れを上手く演じています。
そして、ようやくそのような命を終わらすことができるのが愛する人でした。
愛する人を見つけたトッケビは、命を終えることが惜しくなります。
その複雑な心の動きを上手く、コン・ユは表現しています。

また、死神役のイ・ドンウクとコン・ユの不思議な友情がコミカルでありながらも温かいものを感じさせてくれます。

この2人の掛け合いも、ドラマの中の楽しみです。
ドラマの中で、死神の前世で彼を操っていた人物が現れますがこの俳優さんの不気味さを醸し出す演技力が凄いです。

さらに、ドラマで使われるAileeやCrushの音楽が、ドラマの雰囲気を盛り上げています。
全てに満足できるこのドラマを是非ご覧になってください。

キャストの紹介

トッケビ、キム・シン役:コン・ユ

決し死ぬことがない高麗の誇り高き武将。900年以上死ぬことなく生き続けることに疲れを感じて、不滅の命を終えたいと思っている。ところが、チ・ウンタクに出会ったことで思いもしなかったトキメキを感じるのです。

コン・ユのプロフィール

チ・ウンタク役:キム・ゴウン

トッケビの命を終わらせることができる「トッケビの花嫁」。幼い時に母を亡くし、辛い環境の中で暮らすが決して明るさをなくさない19歳の女子学生。

キム・ゴウンのプロフィール

死神役:イ・ドンウク

過去の記憶を全て失った死神。死神でありながらも、トッケビとほのぼのとした友情で結びついたトッケビの家の間借り人である。トッケビとは昔に何か因縁があるようで・・・。

イ・ドンウクのプロフィール

サニー役:ユ・インナ

美人のチキン店の店主。面倒見が良く、アルバイトとして雇ったウンタクと仕事を超えた友情を育む。ところが、彼女には悲しい前世がありトッケビとも深いつながりがあるのです。

ユ・インナのプロフィール

ユ・ドクファ役:ユク・ソンジェ

トッケビの執事にあたる家系の末裔。御曹司として育ったためクレジットカードを手放すことができない。どこか憎めないお調子者。

ユク・ソンジェのプロフィール

関連URL(別サイトへ移動します)

ニュース!


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧