韓国現代ドラマ 『たった一人の私の味方』のあらすじ、キャストを解説

KBS2TVで放送中ドラマ『たった一人の私の味方』は、神話のエリックの妻の女優ナ・ヘミがドラマ復帰した作品。

なんと!!初回放送が視聴率20%を超えた話題作です。

ストーリーは、28年ぶりに再会した父親のせいで、人生が大きく変わる女性と、身元を隠して生きるしかなかった彼女の父親の、心の再生をベースとするドラマです。

監督は、『メリは外泊中』、『完璧な妻』などを手掛けたホン・ソックが担当しています。

そして、脚本は『バラ色の恋人たち』のキム・サギョンです。


(photo by: KBS



[スポンサードリンク]

『たった一人の私の味方』のあらすじ

ネタバレ注意

貧しい家庭でありながらも、師範大学を卒業したキム・ドラン(ユイ)は明るく暮らしていました。
ところが、ある日ドランは自分の両親が実の親ではなく、本当の父親が犯罪者であることを知ってしまいます。
その日から、ドランの人生は大きく変わってしまうのです。

一方、ドランの実の父も人生に絶望していましたが唯一の味方、ドランに出会ったことで生きることに希望を持つようになるのです。

[スポンサードリンク]

『たった一人の私の味方』の見どころ

除隊後の作品として『たった一人の私の味方』を選んだイ・ジャンウの演技も、このドラマの見所の一つです。
ハンサムな容貌と安定した演技で人気のあるイ・ジャンウが、兵役を経て演技に成熟度が加わったにちがいありません。

何よりも、このドラマのストーリーがとても魅力的です。
人生に絶望しか感じなかったドランの実の父が、ドランという味方を得たことで人生に希望を見出しました。
誰しも人生に絶望を感じる時があります。
でも、そんな時傍に寄り添ってくれる人がいることでどれだけ心が癒されることでしょうか。

また、悲しんでいる人の傍にそっと寄り添える人でありたいですね。

キャストの紹介

カン・スイル(キム・ヨンフン)役:チェ・スジョン

ドランの父親だが、犯罪歴があるため名前をスイルと変えて生きている。彼は、娘のドランですら彼の正体を知ることがないことを望んで生きてきた。

チェ・スジョンのプロフィール

キム・ドラン役:ユイ

貧しい家庭のためアルバイトをして師範大学をようやく卒業することができた。今は、アルバイトをしながらロースクール受験の準備をしている。

ユイの代表作

ワン・デリュク役:イ・ジャンウ

財閥の後継者、ハンサムな上に経営手腕に恵まれている。会社を大きくするという野望に燃えていて、目下のところ女性との交際には興味はない。

イ・ジャンウの代表作

チャン・ダヤ役:ユン・ジニ

小さいながらも花屋を経営している。幼馴染のイリュクは恋人だが、彼には結婚の意志がない。

ユン・ジニの代表作

ワン・イリュク役:チャン・ウンウ

デリュクの弟、小さなレストランを経営している。

キム・ミラン役:ナ・ヘミ

アナウンサー志望のドランの妹。

チャン・ゴレ役:パク・ソンフン

ダヤの兄で歯科医。

キム・ドンチョル役:イ・ドゥイル

収監されたヨンフンに代わってドランを育てて来たが、ある日事故に合ってしまう。

イ・ドゥイルの代表作

ソ・ヤンジャ役:イム・イェジン

ドンチョルの妻だが、ドンチョルが連れて来たドランを自分の幸福を邪魔する存在として嫌っている。

イム・イェジンの代表作

関連URL(別サイトへ移動します)

ニュース!


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧