photo by bs4


[スポンサードリンク]

2018年11月から始まるドラマ一覧を更新しました。

11月から始まるおすすめドラマ、BS放送では奇皇后BS日テレで、CS放送では広開土太王チャンネル銀河で放送開始されます。

この記事では、注目作品に絞ってドラマのあらすじや概要をご紹介していきますが、詳しい内容はドラマ一覧をご参照ください。

BS放送

『奇皇后』

BS日テレ

『奇皇后』全51話が、2018年11月8日からBS日テレで、月曜から金曜日13:00から集中再放送されます。

『奇皇后』は、韓国MBCで2013年に放送された恋愛時代劇ドラマです。

このドラマが見応えのあるドラマに仕上がっているのは、主演の3人、ハ・ジウォン、チ・チャンウク、チュ・ジンモたちの演技に加えて助演を担うチン・イハンをはじめとする、演技力の高い脇役達の活躍の結果ともいえます。

中でも際立ったのが、気弱な皇帝タファンを演じたチ・チャンウクは、感情の起伏の激しいキャラクターを上手に自分の中で消化して、演じていることです。

特に、タファンが皇帝に着いて以降に人格的に崩れていく様子は圧巻としか言えません。

タファンが狂気じみた中でも正気を保てるのは、ハ・ジウォン演じる唯一愛する奇皇后にすがりつくことだけです。

そんな奇皇后は、昔愛したチュ・ジンモ演じるワン・ユを忘れることができません。

その一方で、すがりつくタファンを捨てることもできないのです。

死が訪れるまでタファンは奇皇后の気持ちが自分にはないのではないか、と思い続けています。

そして、タファンは最期の時にも奇皇后への愛を告げて旅立ちます

その時に、彼が耳にする奇皇后からの言葉についてはドラマの中でご確認くださいね。

女性としてこんな生き方もあるのかも・・・。

関連記事

CS放送

『広開土太王』

BS-TBS

『広開太王(クァンゲトデワン)』全92話が、2018年11月9日からチャンネル銀河で月曜から金曜日14:30から2話連続で集中再放送されます。

このドラマの人気は、日本でもよく知られている韓国ドラマの『朱豪』の人気を超えたと言われています。

実際に、『広開太王(クァンゲトデワン)』は、韓国KBSで2011年に放送され22・2パーセントの視聴率を獲得しています。

主演は、イ・テゴンです。

あらすじは、高句麗王の次男として生まれたタムドクは王子としてではなく将軍として生きることを選びます。

後燕の皇帝が高句麗を征服する動きを見せます。

その時、タムドクは国を守るために密かに動き始めるのでした。

彼が、高句麗の最盛期を作りあげた広開太王(クァンゲトデワン)になる過程をドラマの中で確認してください。

このドラマの見所は、なんと言ってもストーリーです。

高句麗と後燕対立を分かりやすくストーリーに込めて、最後まで退屈することなくドラマを楽しめるように作られています。

その反面、歴史的側面から逸脱している部分もあり、広開太王を領土の制服欲に駆られた王としてではなく民衆を守るために戦ったという理想的な解釈に基づいて作られているドラマでもあります。

ドラマはドラマとして楽しみ、広開太王の成長をドラマの中で楽しむのも良いですね。

関連記事:

今から見

ニュース!


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧