韓国ドラマ『ムグンファの花が咲きました』のあらすじ、キャストを解説

韓国で放送時、25.5%という驚きの高視聴率を獲得した『ムングンファの花が咲きました』が、全60話で2018年12月12日からBS朝日で月曜~金曜日08:30~放送開始されました。

ただし、12月31日は休止です。

オリジナルは、全120話、韓国KBS第1で放送されました。

このドラマは、家族の愛情を描きながらも正義とは本当の愛情とは何かを見る人に問いかけています。

また、警察という階級社会の中で女性が正義感を抱きつつ成長していく過程を描いています。


(photo by: bs-asahi

[スポンサードリンク]

韓国ドラマ『ムグンファの花が咲きました』のあらすじ

ネタバレ注意

エリート警官のテジンは、海外研修を終えて本国韓国に戻る飛行機の中で泥酔して大暴れするドヒョンに遭遇します。
持ち前の正義感から事態を見過ごすことができなかったテジンは、ドヒョンを黙らせて事態をおさめることに成功しました。

そのころ、新米警官となったシングルマザーなグンファは、バイクで逃走する窃盗犯を逮捕する途中で窃盗犯グループに反撃を受けて倒れてしまいます。
その場にたまたま居たテジンがグンファを助けるのでした。

お互いが、配属された交番での相棒であることを知り驚くのです。
お互いに反感を募らせていた2人でしたが、やがて本当のお互いの姿を知ることで気持ちに変化がおこるのでしたが・・・。

[スポンサードリンク]

韓国ドラマ『ムグンファの花が咲きました』の見どころ

韓国ドラマの定番である恋の三角関係の行方が、このドラマの見所と言えます。
シングルマザーのヒロインが選ぶのは、エリート警官か裕福な実業家のどちらなのでしょうか。

また、このドラマにはヒロインのグンファの夫の事故死の真相など推理的な要素もあります。

さらに、警察内部の不正なども描いており恋の行方以外にも楽しめる要素が一杯。
しかも、ドラマ『花郎 ファラン』の中でイケメンぶりを発揮していたト・ジハンがエリート警官テジンを演じています。
イケメン好きの方は、このドラマを見逃すことができませんよ。
是非、このドラマを見て、ヒロインが誰を選ぶかを確認してください。

キャストの紹介

ム・グンファ役:イム・スヒャン

新人警官と結婚するも、パトロール中の事故で亡くなってしまう。亡くなった夫の忘れ形見の1人娘を育てながら、亡くなった夫と同じ仕事である警官となった。配属となったチャムスリ交番で、相棒であるエリート警官のテジン警部補と衝突を繰り返しながら勤務についている。

イム・スヒャンのプロフィール

チャ・テジン役:ト・ジハン

クールなエリート警官だが、責任感と正義感に満ちた人物。父、祖母、姉一家と共に暮らしているが、母親の不在には隠れた理由がある。相棒のグンファとはそりが合わなかったが、シングルマザーとして必死に娘を育てるグンファの姿を見て心惹かれるようになる。

ト・ジハンのプロフィール

チン・ドヒョン役:イ・チャンウク

裕福な金融業者の長男で、父親の系列会社の代表をしている。家族の中では、唯一妹のボラだけに心を許し溺愛している。飛行機内で泥酔して騒ぎを起こし、その場に居合わせたテジンに取り押さえされた経験を持つ。テジンに対して強い反感を持っている。当初、グンファに対して敵意を持っていたが、グンファの人柄を知るようになり強く惹かれるようになる。

イ・チャンウクのプロフィール

ム・スヒョク役:イ・ウニョン

グンファの双子の兄で、正義感が強く優しい性格の持ち主である。ドヒョンの妹ボラと友達になり、次第に彼女への気持ちが女性への好意に変わった。

イ・ウニョンのプロフィール

チン・ボラ役:ナム・ボラ

ドヒョンの妹。彼女が情熱を注ぐのは、お料理。父と兄の影響で友人を作れずにいたが、偶然知り合ったスヒョクとお互いを思い合う中になる。

ナム・ボラのプロフィール

関連URL(別サイトへ移動します)

ニュース!


[スポンサーリンク]


新ドラマ再放送視聴率話のネタニュース

 



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


カテゴリー一覧