[スポンサーリンク]

『ダウントンアビ―』シーズン1 第6話 あらすじ

top-image600

シーズン1、第6話のあらすじと感想

シーズン1第6話のまとめ

  1. 時は1914年、あのじゃじゃ馬シビルがロバートに内緒で政治活動に参加している。
  2. 帰宅後、その事がロバートにばれるがシビルの熱意に負け選挙会場へ行くのを許してしまう。
  3. 選挙結果を聞きに行ったシビルは、暴動に巻き込まれ怪我をしさらにロバートからお叱りを受ける。
  4. 偶然会場にいたマシューは、怪我をしたシビルを送って来てメアリーとついに・・・。

 

時は1914年5月。

シビルは、ロバートに内緒でブランソンと一緒に自由党の政治運動に参加していました。

凄く外交的なシビル、しかし自由奔放のようですネ。


-スポンサーリンク-

帰宅後、ロバートにばれお叱りを受けますが、何とか説得し再び選挙会場に行く事になります。

ロバートシビルが可愛くて仕方ないようですネ。

新たな恋

嘘をつき、結果を聞いていたシビルは暴動に巻き込まれ怪我をしてしまいました。

大怪我しなくてよかったのですが、ロバートにまた叱られそうですネ。

そこに偶然居合わせたマシューに助けられ、手当してもらいます。

タイミングがよすぎます。

[スポンサーリンク]



そして、送ってきてもらったシビル

マシューはとても紳士ですネ。

ロバートに見つかり、一緒に行った運転手のブランソンを首にすると言いました。

ただお供しただけなのに、踏んだり蹴ったりのブランソンです。

それに激怒したシビルは、それなら家出するとまで言い出します。

シビルも強情のようですネ。

コーラの一声で何とか事態は収まり、マシューはお礼にサンドイッチを食べて行く事に。

ロバートコーラには弱いようです。

そこでマシューメアリーはいいムードになります。

やはりお互い好きになって結婚してほしいですネ。

そしてついに・・・。

ベイツを陥れる

一方、使用人の間ではワインがなくなったと騒ぎが起きていて、デイジーが嘘の証言をします。

なぜ皆ベイツを毛嫌いするのでしょうネ。

ベイツが犯人かもと、みんなが口を揃えたのでした。

ベイツが気に食わなくともあまりにもひどすぎます。

しかし正直者のデイジーはすぐに謝りましたが。

デイジーは誰の味方にもならないようですネ。

感想

シビルの怪我がきっかけとなり急接近したマシューメアリー、今後が気になります。

いつも罠に嵌められるベイツが不憫でなりません。

素直に話したデイジーが、そのせいでいじめられないか心配です。


[スポンサーリンク]

関連記事



おすすめ関連商品
6980円(送料込)
フェルマート
2916円(送料別)
オックスフォードタイム
15379円(送料別)
グローバルメディアデリバリー

『ダウントンアビ―』 シーズン6 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話  
『ダウントンアビ―』 シーズン5 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話  
『ダウントンアビ―』 シーズン4 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『ダウントンアビ―』 シーズン3 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『ダウントンアビ―』 シーズン2 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話  
『ダウントンアビ―』 シーズン1 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話      

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ