[スポンサーリンク]

「キャスト」の記事一覧

アンナ:ジョアン・フロガット(裏表のないメイド長、ベイツの妻役)

ジョアン・フロガットは、メイド長で後のベイツの妻役を演じます。1980年生まれのイギリス人女優。13歳から演劇学校に行き始めました。そしてついに第72回ゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞するまで上り詰めます。アンナは誰もがベイツに意地悪する中、ただ一人の味方でした。しかしそんな彼女に容赦なく悲劇は訪れるのでした。

ベイツ:ブレンダン・コイル(ロバートが一番頼りにしている従者役)

ブレンダン・コイルは、ロバートから一番信頼されている従者役を演じます。1963年生まれの彼は芸歴も長く『12モンキーズ』 のシーズン2に出演が決まっており今もなお話題の人物です。ベイツは、ロバートとは戦友で二人は絆で結ばれています。波乱万丈の人生を歩みながらもアンナと出会い結婚に至りますが、その先も波乱万丈だったのでした。

カーソン:ジム・カーター(誰もが信頼する執事)

ジム・カーターは、使用人トップで全てにおいての責任を追う執事役を演じます。1948年生まれ、妻はイメルダ・スタウントンで娘はベシー・カーター。カーソンは屋敷全体を統括しています。とにかく責任重大でいつも細部まで目を配らないといけません。板ばさみになる事もありますが、彼のお陰でダウントンアビ―は安泰だと言っても過言ではないでしょう。

ヒューズ:フィリス・ローガン(皆の母親的存在の家政婦長役)

フィリス・ローガンは、女性使用人のトップで皆の憧れ家政婦長役を演じます。驚く事にシーズン2.3に登場するウィリアムの父役ケヴィン・マクナリーと夫婦です。ヒューズは、どんな時でも冷静で機転のきく頭の良い女性です。ただ昔の恋人にプロポーズされた時はかなり動揺していました。果たして彼女の選ぶ道は・・・。

バイオレット:マギー・スミス(嫌味ばかりだけど頼れるお婆ちゃん役)

マギー・スミスは、いつでも誰にでも平気で嫌味を言いますが三姉妹にとっては頼れるお婆ちゃん役を演じます。1934年生まれの彼女は81歳。二人の息子、トビー・スティーブンスとクリス・ラーキンも俳優として活躍しています。バイオレットの機転の利いた嫌味は見逃す事は出来ません。天敵イザベルとの対決も見どころです。しかし家族思いの優しい女性です。

マシュー:ダン・スティーヴンス(ダウントンアビ―の鍵を握る相続人役)

ダン・スティーヴンスは、ダウントンアビ―の今後を握る役を演じます。1982年生まれの彼はケンブリッジ卒と高学歴、しかもイケメン。妻はジャズシンガーです。マシューといえば2回も相続人となる幸運の持ち主。弁護士だった彼にいきなり舞い込んだ遺産相続の話。乗る気ではない彼の心を動かしたのはロバートだったのです。

シビル:ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ(天真爛漫で誰からも愛される三女役)

ジェシカ・ブラウン・フィンドレイは、三人姉妹で伸び伸び育ってきました三女役を演じます。1989年生まれの彼女は、[世界で最も美しい顔100人]に3年連続ランクインする程の美貌の持ち主。シビルは、二人の姉とは違い地位を全く気にしない女性、使用人達からも愛されていました。そんな彼女にも悲劇が・・・。

サブコンテンツ

このページの先頭へ