「シーズン1」の記事一覧

『マスケテイアーズ』 シーズン1 あらすじダイジェスト

マスケティアーズ・シーズン1のあらすじ早わかりです。この記事では全10話のエピソードをダイジェスト版として紹介しています。シーズン1ではダルタニアンの登場と三銃士(アトス、アラミス、ポルトス)との絆が強まって行くエピソードが語られます。有名な、「全ては一人の為に、一人は全ての為に」というテーマがエピソードの最後に。

マスケティアーズ(三銃士)あらすじ第10話、シーズン1最終回

マスケティアーズ(三銃士)あらすじ第10話、シーズン1最終回。アトスは彼の元妻で枢機卿のスパイのミレディを拘束します。ミレディはダルタニアンに助けを求め、過去に弱みのあるダルタニアンはアトスがミレディを始末するのを阻止。格闘中に傷を負ってしまうのでした。ミレディは彼を仲間に引き入れようと画策するのですが。

マスケティアーズ(三銃士)あらすじ第9話、シーズン1

マスケティアーズ(三銃士)あらすじ第9話、シーズン1。国王は、跡継ぎを授からない王妃に幻滅し、ドイツの銀行家メレンドルフの娘シャーロットを新しい王妃候補にしようと考えていました。王と共に狩猟に訪れた森の中…豊穣のパワーがあるという泉で王妃は何者かが送った刺客の一団に襲われますが、四銃士に助けられ暗殺の企てから逃れます。

マスケティアーズ(三銃士)あらすじ第8話、シーズン1

マスケティアーズ(三銃士)あらすじ第8話、シーズン1。ダルタニアンは故郷ガスコーニュにある父の遺産である農場が、地方代官のラバージによって焼き払われたことを知ります。ラバージの悪行は続き、銃士と護衛兵を殺害したかどで捕えられ、パリのバスチーユ牢獄へ護送されることに。ダルタニアンはラバージに決闘を挑みますが…

マスケティアーズ(三銃士)あらすじ第7話、シーズン1

マスケティアーズ(三銃士)あらすじ第7話、シーズン1。フランス王妃が乗った馬車に駆け寄った若い女性が轢かれて命を落としてしまいます。その場に居合わせたポトスは、彼女が王妃に嘆願書を手渡そうとしていた事を知ります。その嘆願書は、ニノン・ド・ラロック伯爵夫人のもので、「全ての女性の教育と権利の改善を要求」する手紙でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ