ポルトス役のハワード・チャールズとは

マスケティアーズポルトス役を演じるのは、俳優のハワード・チャールズ
ポルトス三銃士の中では、最も力持ちで熱血漢。

豪快で直情的なところがあり、服装も振る舞いも派手で他の銃士たちとは一風変わった異彩を放っています。

[スポンサーリンク]


とは言え、ポルトスも名誉ある三銃士の一員として剣の達人、しかも仲間想いの熱い男、それがポルトスです。

ところが、ドラマの中で注目を浴びるエピソードはあまり多くないのが残念です。

ナイスガイなんですけれどネ…

ポルトスの出自は、パリのスラム街の「奇跡の宮廷」出身という事以外ははっきりわかりませんが、シーズン2、第8話(シリーズ通算18話目)で、ついにその素性が明らかになります。(The Prodigal Father)

何とポルトスも、貴族の血を受け継いでいたとは…

ところが、その出生と生立ちには母の悲しい運命が隠されていました。

関連記事

ハワード・チャールズ(Howard Charles)

photo by: IMDb

ハワード・チャールズは1983年9月6日生まれのイギリスの俳優です。

キングストン・カレッジ(演劇)卒。

[スポンサーリンク]

マスケティアーズでチームを組んだアラミス役のサンティアゴ・カブレラと同じく「英国ドラマセンター(Drama Centre London)」で俳優としての訓練を受けました。

ハワード・チャールズの代表出演作品

ハワード・チャールズは、王立シェークスピア・カンパニー(Royal Shakespeare Company)で『ベニスの商人』、またマンチェスターの王立証券取引所劇場で『三姉妹』の舞台出演経験があります。

舞台俳優として活躍する一方、2008年の英国BBCコメディドラマのカイリー・パーキンソン役、また2015年にプレステ4対応にもなったレーシングゲーム、『ニード・フォー・スピード』をモデルに実写版映画として上映された同名の映画でマヌ(エマニュエル)役で出演しています。

ニード・フォー・スピード

参考


[スポンサーリンク]

公式サイトリンク


『マスケテイアーズ』 シーズン1 あらすじ一覧
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
『マスケテイアーズ』 シーズン2 あらすじ一覧
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話
第16話 第17話 第18話 第19話 第20話
『マスケテイアーズ』 シーズン3 あらすじ一覧
第21話 第22話 第23話 第24話 第25話
第26話 第27話 第28話 第29話 第30話
楽天市場総合ランキング
1位
4536円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
3808円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:4.8
レビュー件数:45
楽天ブックス
3位
1180円(送料込)
《予約販売価格》さらに【予約限定:約1ヶ月分増量中】《50倍濃縮プラセンタ》 エステ でも使用される エイジングケア 成分 プラセンタ を1カプセルあたり3600mg配合。
レビュー平均:4.41
レビュー件数:622
ショップオブザイヤー受賞
サプリ専門店 オーガランド

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ