マスケティアーズ(三銃士)あらすじ第6話、シーズン1

第6話 (The Exiles…亡命)

国王ルイ13世の母、裏切り者で亡命中のマリー・ド・メディシスは暗殺者から身を守る為、国王の保護を求めていました。

しかし、護衛隊長達をはじめ、誰もその言葉に対して半信半疑だったのです。

License: Fair use of copyrighted material in the context of The Musketeers

[スポンサーリンク]


国王の母の恐るべき野望

マリーは、国王の父アンリ4世の妻で、夫の死後はフランスの政治を思うがままに操る悪政を行いますが、息子のルイ13世によって反乱の首謀者として国外に追放されていたのです。

裏切り者マリーの顔など二度と見たくない国王は、怒りを露わにしますが周囲の説得で渋々母の願いを聞くことに。

一方、アラミスとダルタニアンは、アグネス・ベルナールという若い未亡人を保護し安全にパリまで護送するよう依頼を受け、彼女を迎えに行きます。

赤ん坊誘拐事件

彼らは、アグネスが危うく「ならず者たち」に襲われるところを救いますが、彼女の男の赤ん坊アンリがその男たちに連れ去られた事を知り唖然とします。

三銃士たちは誘拐された赤ん坊の行方を追いますが、後ほど護衛を命じた人物が何者かを知る事になるのでした。

さて、赤ん坊アンリの父は奇形のフィリップと言う男で、自らを悪魔の使いと呼んでいましたが、無知な村人たちの手によって命を奪われていました。

[スポンサーリンク]

誘拐事件の黒幕と驚きの事実

実は、赤ん坊アンリの誘拐の黒幕はマリーでした。

そして、アンリはマリーの孫だったのです。

マリーは、自分の息子フィリップを利用して、もう一度フランスの王座を狙おうとしていました。

フィリップ亡きあとは、孫のアンリを利用して王座を狙おうとしていたのです。

その事を枢機卿のリシュリューも知ることになります。

ある時、謎の僧侶が枢機卿を訪ね、国王ルイ13世には双子の兄弟がいた事、そしてアンリのことを知らせたのです。

救出作戦

枢機卿リシュリューはマリーの恐るべき陰謀を阻止するため、今回は三銃士の味方に付くことに。

三銃士は、アグネスとその子供の安全を確保しつつ、マリーの野望を阻むことに全力を尽くします。

三銃士はアンリを誘拐した男たちのねぐらに侵入し、赤ん坊の乳母を装って潜入していたコンスタンスの協力を得て、無事に赤ん坊を取り返します。

一方、三銃士は、赤ん坊が死んだと偽装。

その事を枢機卿がマリーに告げて彼女の野望をくじこうとするのですが・・・。

感想

まさに政争渦巻くヨーロッパと言う印象ですネ。

ルイ13世の母マリー・ド・メディシスは、イタリアの名門メディチ家の出身。

当時のヨーロッパの王室やメディチ家など有力氏族は、互いに血縁関係で結ばれていました。(いわゆる政略結婚です)

それは平和を維持する為と、一方で国の乗っ取りを狙う為の手段だったのですが、まさか実の息子まで追放しようと画策するなど一般人には及びもつかない考えです。

ドラマの赤ん坊奪取作戦で、コンスタンスがダルタニアンから教わった剣技を披露するのがなかなか印象的でした。


[スポンサーリンク]

公式サイトリンク


『マスケテイアーズ』 シーズン1 あらすじ一覧
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
『マスケテイアーズ』 シーズン2 あらすじ一覧
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話
第16話 第17話 第18話 第19話 第20話
『マスケテイアーズ』 シーズン3 あらすじ一覧
第21話 第22話 第23話 第24話 第25話
第26話 第27話 第28話 第29話 第30話
楽天市場総合ランキング
1位
3808円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
8049円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】【限定特典付き】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
3564円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:4.85
レビュー件数:20
楽天ブックス

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ