マスケティアーズ(三銃士)あらすじ第14話、シーズン2-4

三銃士 第14話 (Emilie)

預言者、デュラスのエミリーは農民の娘ですが、神の啓示を受けて農民軍を組織しスペインに進軍しようとしていました。

神の啓示は、「スペイン国王は悪魔の化身であり、彼の邪悪な計画を挫じかねばならない」というものだったのです。

[スポンサーリンク]


聖戦の背後に隠されたもの

スペイン人たちが至る所でエミリー一派の犠牲になり、銃士隊長のトレヴィルはスペインにフランス侵攻の良い口実を与える事になると懸念していました。

アラミスは、この状況を打開するためにエミリーの陣営へ乗りこみ、彼女が見たと言う神の啓示の正体を知ろうとします。

そこへ、エミリーの蛮行を止めるためにアン王妃とコンスタンスが到着しますが、エミリーが見た聖なるビジョンの正体が明かされることに。

神の啓示の正体

コンスタンスはエミリーから与えられた食べ物を食しますが、なんと!その中に幻覚剤が混ぜられている事が判明します。

それは、エミリーの母親が彼女にずっと食べさせていたものでした。

photo by: IMDb

四銃士たちは、エミリーの聖戦を阻止し、これ以上スペイン人達の犠牲が出ないよう行動を起こします。

そこで、アラミスはエミリーに国王への謁見を約束して彼女を欺くことに。

[スポンサーリンク]

エミリーを宮殿内に閉じ込めて禁断症状を起こさせ、真実に気付かせるのが目的でした。

その上で、彼女を陣営に戻し母親を非難させてスペインとの戦争を回避しようとします。

ロシュフォールの罠

一方、ロシュフォールは、ミレディ・ド・ウィンターが愚かな国王の愛人である事を知り、ミレディを手下として使う為に、彼女の過去の悪行をネタに脅迫するのでした。

ロシュフォールは、アン王妃を味方につけフランスの政治を牛耳ろうと言う野心を更に前進させようとしていたのです。

ロシュフォールの命を受けたミレディは、スペイン大使を毒針で刺し命を奪います。

エミリー一派の仕業に見せかけ、護衛に当たった銃士隊に責任を押し付けようとしていたのです。

ロシュフォールの思惑通り、国王は銃士隊長のトレヴィルを激しく非難し、ついに彼を解任してしまうのでした。

聖戦の終焉

幻覚から醒めたエミリーは陣営に戻り、神の啓示はただの幻覚であり、自分に従えば皆命を落とすことになると農民たちに村へ帰るよう促します。

そして、彼女の母親が自分に幻覚を見るよう仕向けたのだと告白するのでした。

怒った農民の一人が投げた石に当たった母親は命を落としスペインへの進軍は中止されます。

感想

今回のエピソードはどちらかと言うと地味なもので、理解するのが難しい内容でした。

敢えて言えば、エミリーの母親が農民の貧しさから抜け出すための野望だったのかと思えます。

いずれにせよ、エミリーのスペインに対する聖戦はあっけなく終わりを告げ、やや消化不良気味のエンディングでした。

一方、ロシュフォールの邪悪ぶりがますますエスカレートし、ついに銃士たちに牙をむいたのが不気味です。


[スポンサーリンク]

公式サイトリンク


『マスケテイアーズ』 シーズン1 あらすじ一覧
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
『マスケテイアーズ』 シーズン2 あらすじ一覧
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話
第16話 第17話 第18話 第19話 第20話
『マスケテイアーズ』 シーズン3 あらすじ一覧
第21話 第22話 第23話 第24話 第25話
第26話 第27話 第28話 第29話 第30話
楽天市場総合ランキング
Error:too_many_requests: number of allowed requests has been exceeded for this API. please try again soon.

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ