コンスタンス役のタムラ・カリとは

マスケティアーズコンスタンス役を演じるのは、女優のタムラ・カリ
コンスタンスダルタニアンと相思相愛の仲の女性を演じます。

コンスタンスは、ダルタニアンが下宿する宿屋の夫人。

残念ながら、夫のある身なので結ばれない恋に悩む女性です。

[スポンサーリンク]


また、コンスタンスは王妃の側近としても忠誠心に溢れる優秀な一面を見せてくれます。

ドラマの中の登場回数はほとんど毎回と言ってよいほど出番が多く、シリーズ1のリシュリュー枢機卿の悪事をくじこうとするマスケティアーズの為に、ダルタニアンと絶妙のコンビを組んで活躍することに。

シーズン2でもスペインのスパイ、ロシュフォール首相との戦いに数々の貢献を見せてくれます。

ドラマ「マスケティアーズ」には無くてはならない存在感ある登場人物…それがコンスタンス・ボナシューなのです。

マスケティアーズへの協力は、ダルタニアンを愛するがゆえかもしれませんが、もともと正義感に溢れた女性であり、一方で驚くほど勇気ある行動を見せる人物でもあります。

シーズン2で、不慮の事件によって夫のボナシューが命を落とすことから、ダルタニアンとの恋の障害が無くなるのですが…

[スポンサーリンク]

タムラ・カリ(Tamla Kari)

photo by: IMDb

タムラ・カリは1988年7月27日生まれの英国ウェストミッドランド出身の女優です。

なんと4歳の頃からダンスを学んでおり、中学の時には既にコベントリーのベルグラード劇場で舞台出演をしていたという天才少女でした。

ロンドンへ上京してからは、舞台俳優への登竜門である名門の「ドラマセンター」で女優としての訓練を受けますが、卓越した演技力が評価されます。

そう言えば、マスケティアーズの出演者には「ドラマセンター」の出身者が多いですネ。

その後、いくつかのドラマや映画、舞台に出演を果たしますが、当たり役は何といっても「メインキャスト」として採用された「マスケティアーズ」のコンスタンス役でしょう。

2011年に「ドラマセンター」を卒業して以来、3年後に手にした栄光でした。

※参考:Tamla Kari – Biography – IMDb

タムラ・カリの代表出演作品

映画

2011年「The Inbetweeners」、2014年「The Inbetweeners 2」

テレビドラマ

2008年 「ビーイング・ヒューマン」ゲスト出演

2011年 「Silk 王室弁護士マーサ・コステロ」ゲスト出演

2014年 「マスケティアーズ」メインキャスト

出典:「タムラ・カリ / Tamla Kari」 via MOVIE-FAN


[スポンサーリンク]

公式サイトリンク


『マスケテイアーズ』 シーズン1 あらすじ一覧
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
『マスケテイアーズ』 シーズン2 あらすじ一覧
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話
第16話 第17話 第18話 第19話 第20話
『マスケテイアーズ』 シーズン3 あらすじ一覧
第21話 第22話 第23話 第24話 第25話
第26話 第27話 第28話 第29話 第30話
楽天市場総合ランキング
1位
3999円(送料込)
母の日/花/フラワーギフト/アレンジメント/花束/鉢植え /アンジェ
レビュー平均:4.29
レビュー件数:1044
アンジェGIFT
2位
1980円(送料込)
母の日 早割 カーネーション プレミアムシリーズ 連日ランキング・イン!
レビュー平均:4.29
レビュー件数:5011
あなたの街のお花屋さんイングの森
3位
2980円(送料込)
毎月ずーっと送料無料・1000円OFF・楽天ポイントも貯まる。
レビュー平均:4.1
レビュー件数:58
LaraRepublic

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ