あらすじ 第06話

第06話

【輝いたり、狂ったり 第6話】

ワン・シンニョムは太祖王建(テジョワンゴン)が楽しんでいたという、皇子格闘大会を開くことにしました。
これは西京遷都が目的のワン・シンニョムが、太祖王建の遺言であるかのように主張して決めたものだったのです。

ワン・シンニョムは、皇子格闘大会で次の皇帝の有力候補を決めようと考えていました。
大会は、王族でありワン・ソの異母弟のワン・ウクや、太祖の息子たちを戦わせるというものでした。
ワン・ウクは弟たちを蹴散らすことを考えていましたが、ワン・ソの妻であるヨウォンは、ワン・ソが強敵になるのではないかとワン・ウクに言っていました。


(photo by: imbc.com


スポンサーリンク


目次

引用:「ワン・ソはキム・ジョンシクが死の間際まで見ていた装飾品が、銅鏡のかけらであることに気付き、作った職人の居場所を知るため青海商団にとどまる。一方、開封の刺客からの情報により、ワン・シクリョムは義賊たちの首長がワン・ソであると確信する。」 via KNTV公式サイト

第06話のあらすじ(続き)・・・

一方ワン・ソとシン・ユルは皇宮書庫に行くことになりました。

シン・ユルはワン・ウクの話に興味を持ち、書庫が見たいと言っていたのです。
そこでワン・ソは変装をしようと言い、シン・ユルに女官の服を渡します。

シン・ユルがワン・ソの前で着替えられないでいると、「恥ずかしいのか?」とワン・ソは言い、ワン・ソは後ろを向きながら着替えました。

シン・ユルの着替えが遅いことに疑問を持ったワン・ソは、振り向いた時に着替え終わったシン・ユルを見ました。
ワン・ソはシン・ユルに見入ってしまい、「シン・ユルは変ですか?」とワン・ソに聞きますが、ワン・ソは困ってしまいます。

シン・ユルが女性であるということには気づいていないワン・ソですが、思い切りシン・ユルを見つめてしまうワン・ソでした。

第6話の感想


皇子格闘大会で次の皇帝の有力者が決まると思うと、目が離せません
たとえシン・ユルが男性だと思っていても引かれていくワン・ソ、義兄弟になりたい気持ちがよく分かります。
シン・ユルの「シン・ユルは変ですか?」、その仕草にキュンとしました。

スポンサーリンク

輝いたり狂ったり 公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『輝いたり狂ったり』
輝いたり狂ったり」は、高麗時代を舞台に、呪われた運命を背負って生まれてきた皇子と、他国の光になるという運命を背負った王女の物語を描いた歴史ラブロマンスドラマ。
チャン・ヒョク演じる皇子ワン・ソとオ・ヨンソ演ずる王女シン・ユルの恋愛、そしてラブシーンがこのドラマの見所です。(photo by: MBC

公式サイト

【PR】(DVD・9disc) / 輝いたり狂ったり (MBC韓国ドラマ)

「輝いたり狂ったり」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button