あらすじ 第14話

第14話

【輝いたり、狂ったり 第14話】

定宗(チョンジョン)が盛られた毒はチョウセンアサガオという事がシン・ユルの分析で分かりました。
ワン・シンニョムがやったことだと分かっていたワン・ソは定宗の所へ行き、ワン・シンニョムを倒すと約束します。

一方ワン・シンニョムには、ワン・ソが首領を務めるチョイソンを捕まえろと、定宗が命じます。
定宗はワン・シンニョムに加担している振りをしながら、陰ではワン・ソの事を信じていました。
しかしその定宗の容態は日に日に悪化していきます。


(photo by: imbc.com


スポンサーリンク


目次

引用:「ワン・ソは皇帝に自分が早衣仙人の首長であることを明らかにし、ワン執政を討つ許可を求める。皇帝により西京遷都の監督官に任命されたワン・ソは、執行官であるワン・ウクと意見が合わずシンユルを困らせる。」 via KNTV公式サイト

第14話のあらすじ(続き)・・・

一方シン・ユルはチョウセンアサガオの毒を中和する金牙石という物を探し始めます。
毒を中和する金牙石を持っている者こそが、毒を盛ったのだとシン・ユルは思ったからでした。
そしてその金牙石が見つかったとシン・ユルに報告するカンミョンでした。

その頃、妹に毒を飲まされたチャンオクは青銅鏡を持ってヨウォンの所へ行こうとしていました。
24時間以内に青銅鏡を持って行かないと妹が助からないというのです。

そしてチャンオクが青銅鏡を取りに行った所でワン・ソに見つかってしまいます。
ワン・ソはチャンオクから話を聞き、そのまま青銅鏡をヨウォンの所へ持って行けと言います。
チャンオクとヨウォンの会話の中から、ヨウォンが毒使いであり定宗にも毒を盛ったのではないかと推測するワン・ソでした。

第14話の感想


毒を飲んで日に日に容体は悪化の一途をたどる定宗、早く金牙石が見つかる事を祈るのみです。
そんな状況でも、どちらにも良い顔をしながらもワン・ソを信頼している定宗はさすがでした。
殺されたクムソンの謎を探っていたチョンオクに、青銅鏡をそのままヨウォンに持って行っていいと言ったワン・ソ、その懐の深さに感銘です。

スポンサーリンク

輝いたり狂ったり 公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『輝いたり狂ったり』
輝いたり狂ったり」は、高麗時代を舞台に、呪われた運命を背負って生まれてきた皇子と、他国の光になるという運命を背負った王女の物語を描いた歴史ラブロマンスドラマ。
チャン・ヒョク演じる皇子ワン・ソとオ・ヨンソ演ずる王女シン・ユルの恋愛、そしてラブシーンがこのドラマの見所です。(photo by: MBC

公式サイト

【PR】(DVD・9disc) / 輝いたり狂ったり (MBC韓国ドラマ)

「輝いたり狂ったり」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button