あらすじ 第19話

第19話

【輝いたり、狂ったり 第19話】

ワン・シンニョムに脅迫をされる定宗(チョンジョン)。

チョイソンが豪族を暗殺していると言ったり、また第2代皇帝の恵宗が殺された時の事をちらつかせて定宗を脅します。
定宗は弱ってしまい、等々病気を再発させてしまうのでした。


(photo by: imbc.com


スポンサーリンク

ニュース!


目次

引用:「ワン・シクリョムの策略により、太祖暗殺の証拠として銅鏡を使うことができなくなったワン・ソと皇帝。反対にワン・ソが皇命ではない婚礼を挙げたとして、シンユルと共に宮中の牢に入れられてしまう。青海商団の人々はワン・ウクに、開封での婚礼は偽装結婚だったということを話し、証人として出廷したいと申し出る。」 via KNTV公式サイト

第19話のあらすじ(続き)・・・

ワン・シンニョムはクァク将軍に、開封(ケボン)でのワン・ソとシン・ユルの婚礼の事を証言させました。
そして、ワン・ソとシン・ユルは国家婚姻法に従わず婚姻を行ったとして、2人は逮捕されてしまいます。

その上投獄されてしまった2人。
ワン・ウクは、シン・ユルが冷毒のせいで命が危ないという事をワン・ソに伝えます。

それを聞いたワン・ソは衝撃を隠せず、シン・ユルが獄中で苦しんでいる姿を見るワン・ソ。

ワン・ソは必死でシン・ユルを慰め、「2人で逃げて暮らそう」、と言うなど自分の気持ちを素直にシン・ユルに伝えます。
しかし開封での婚礼の件の事があり、2人の関係を否定しなければいけない状況である2人は、「お互いにやるべき事をやろう」とシン・ユルはワン・ソに言うのでした。

お互いに涙を流しながら話をする2人。
しかしシン・ユルの容態はどんどんと悪化し、ついには意識を失ってしまいます。
意識を失ったシン・ユルの名を、泣きながら叫ぶワン・ソでした。

第19話の感想


第2代皇帝の恵宗を亡き者にした時の念書で脅迫するワン・シンニョム、反撃が始まりました。
そして遂に暴かれたワン・ソとシン・ユルの婚礼の件、心が痛みました。
どんな状況下でも決して弱音を吐かず強気なシン・ユル、そんな彼女の運命はいかに・・・。

スポンサーリンク

輝いたり狂ったり 公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『輝いたり狂ったり』
輝いたり狂ったり」は、高麗時代を舞台に、呪われた運命を背負って生まれてきた皇子と、他国の光になるという運命を背負った王女の物語を描いた歴史ラブロマンスドラマ。
チャン・ヒョク演じる皇子ワン・ソとオ・ヨンソ演ずる王女シン・ユルの恋愛、そしてラブシーンがこのドラマの見所です。(photo by: MBC

公式サイト

【PR】(DVD・9disc) / 輝いたり狂ったり (MBC韓国ドラマ)

「輝いたり狂ったり」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button