あらすじ 第22話

第22話

【輝いたり、狂ったり 第22話】

シン・ユルの兄であったセウォンは、兄であるという事を妹であるシン・ユルに告げずに亡くなってしまいます。

セウォンはワン・シンニョムの命令で実の妹のシン・ユルを殺そうとしていました。
しかしシン・ユルはワン・ウクに助けられ、ワン・ウクはセウォンを殺してしまうのでした。

セウォンは生きている時に、自分はあまりにも多くの人の命を奪ったという事を言っていました。
その罪滅ぼしとしてだったのか、ワン・ウクの剣を受け死に至ったのです。


(photo by: imbc.com


スポンサーリンク

ニュース!


目次

引用:「セウォンは自分が実の兄であるということをシンユルに告げないでほしいとワン・ウクに頼み、息を引き取る。ワン執政が再び刺客を送ることを恐れたワン・ウクは、シンユルが死んだことにしようと提案する。」 via KNTV公式サイト

第22話のあらすじ(続き)・・・

一方、民のために支給されるはずの食料がワン・シンニョムの兵の所へ行っている事に対して民が不満を言っていたのですが、その気持ちを無視するようなワン・プンの兵を見てワン・ソは「やめろ!」と叫びます。

「陛下の民に手を出すとは何事だ!」とワン・ソ

「どんな権利があるというのだ!」ともワン・ソは付け加えます。

ワン・ソを疎ましく思ったワン・プンは、ワン・ソを捕まえれば大金をやると言います。
ワン・ソはワン・プンに報奨金をかけられてしまうのでした。

しかし、ワン・ソは誇り高くこう話します。
「俺は高麗を建国した太祖陛下の皇子だ。俺はこれからお前達を守る。俺がお前達の主となってやる。」

それは、国や民のためを思うワン・ソらしい言葉でした。

第22話の感想


セウォンの気持ちを思うととても複雑ですが、シン・ユルに兄である事が知られず良かったのかもです。
ワン・プンの言動には許せないものがありました。
しかし、自信に満ちて国や民を守ろうとするワン・ソをの姿を見て、少しすっきりしました。

スポンサーリンク

輝いたり狂ったり 公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『輝いたり狂ったり』
輝いたり狂ったり」は、高麗時代を舞台に、呪われた運命を背負って生まれてきた皇子と、他国の光になるという運命を背負った王女の物語を描いた歴史ラブロマンスドラマ。
チャン・ヒョク演じる皇子ワン・ソとオ・ヨンソ演ずる王女シン・ユルの恋愛、そしてラブシーンがこのドラマの見所です。(photo by: MBC

公式サイト

【PR】(DVD・9disc) / 輝いたり狂ったり (MBC韓国ドラマ)

「輝いたり狂ったり」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button