[スポンサーリンク]

韓国時代劇「六龍が飛ぶ」第4話のあらすじと感想

更新日:2018/01/24

[あらすじ, 第4話]

第04話


母親を探すタンセはキル・テミの双子のキル・ソンミの名前を手がかりとして聞きます。

そしてタンセが探している時に母親を誘拐した男の仲間に襲われ、そこをキル・ソンミに助けられます。

そしてキル・ソンミに母親のことは忘れろ、でないと命は無いと教えられます。

キル・ソンミを探していた男は弟子を始末した犯人がキル・ソンミでないと分かると、心当たりのある人物を教えてもらう代わりにタンセを守ると約束しますが、タンセは消えてしまいます。

この記事のポイント

  • ホン・インバンがキル・テミと取引した事を知ったバンウォンは、正義とは何かと問う
  • タンセは、母ヨニャンが高麗の大罪人で、彼女を探せば殺される事を知る
  • 力自慢のムヒュルは、ホン・テホンに弟子入りする
  • 七夕祭りの日、ヨニに目を付けていた男から乱暴されるヨニ、それを目の当たりにしたタンセだが・・・。

[スポンサーリンク]

 

弟子入りするムヒュル

六龍の一人のムヒュルは両親を失っており、おばあさんに武術の達人に弟子入りさせられます。

[スポンサーリンク]

 

タンセ、ヨニを助けられず

高麗では国を守るための資金が不足し民から土地を奪おうとしており、タンセプニが暮らすことなった村で、ヨニがプニに好意を寄せ相手役に指名した祭の当日に土地を奪いに来た男にヨニが襲われ、それをタンセは助けることができませんでした。

自らの命を絶とうと図りますが恩師に助けられ、命は失わずに済みました。

建国を目指し続けるチョン・ドジョンとイ・ソンゲ

そして6年後、バンウォンは不条理な世の中に自分の道を見失っていましたが、偶然タンセが刺客を成敗するところを目にし、タンセの後をつけると、ドジョンが作った秘密の部屋で新地図を発見し、ドジョンソンゲが建国を目指していて、ドジョンが以前話していた事を聞いていたタンセが忠実にそのことを守っていることが分かりました。

感想

タンセのことを想っていたヨニに心が切なくなりました。

タンセの為にヨニは布を持ち出してまで衣服を作っていたのに、乱暴なことをされてしまっていたのは衝撃的でした。

しかしタンセが覚醒する一つの大きなきっかけになったのではと考えます。

[スポンサーリンク]

 

あらすじ


楽天市場総合ランキング
1位
6850円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:4.1
レビュー件数:249
楽天ブックス
2位
5380円(送料込)
ますよね感謝祭!累計120万箱突破!シリーズ60億円売れた伝説の蟹!2018/11/14総合1位!5箱購入(3kg)で10,000円OFFクーポンも!
レビュー平均:4.36
レビュー件数:990
ショップオブザイヤー受賞
越前かに問屋「ますよね」
3位
32378円(送料別)
レビュー平均:3.58
レビュー件数:423
ヤマダ電機 楽天市場店

あらすじ全話の一覧表

『六龍が飛ぶ』1~10話 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『六龍が飛ぶ』11~20話 あらすじ一覧
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
『六龍が飛ぶ』21~30話 あらすじ一覧
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
『六龍が飛ぶ』31~40話 あらすじ一覧
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
『六龍が飛ぶ』41~50話 あらすじ一覧
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ