[スポンサーリンク]

韓国時代劇「六龍が飛ぶ」第10話のあらすじと感想

更新日:2018/01/22

[あらすじ, 第10話]

第10話


イ・バンウォンプニに安辺策(東北面の防衛と民を守る策)が通ったことを告げます。

プニバンウォンが偽装したものだと知っていたので責めますが、バンウォンはそんな些細なことよりも通ったという勝利を満喫するときだと豪快な一面を見せ、それに魅了されたプニも納得します。

ドジョンは謎の剣士について不安を感じるのですが、ヨニに自分が調べるから、心配しないでハムジュに行くことを勧められます。

この記事のポイント

  • 安辺策(東北面の防衛と民を守る策)は否決されると思っていたイ・インギョム、しかしインバンらに裏切られ可決
  • イ・ソンゲは頑固として撤回を求め、バンウォンの逮捕を命じる
  • バンウォンとドジョンは再会するが、改革が時期尚早過ぎたとバンウォンを責めたドジョン
  • バンウォンは自分の過ちを認めながらも、今やるべきことは乱世と戦う事だと考える

[スポンサーリンク]

 

[スポンサーリンク]

 

イ・ソンゲがバンウォンの逮捕命令下す!

一方で、安辺策が通過したことを知ったソンゲは怒るものの、バンウォンは父は撤回する勇気はないと高をくくります。

しかしその予想は外れて、ソンゲは安辺策を撤回すると言い出し、息子を逮捕するように命じます。

バンウォンとプニの楽しい時間

バンウォンプニムヒュルを兄の元に連れていき、そこに置いてもらうことにします。

ムヒュルは家族も呼び寄せ、バンウォンプニは買い物に行って二人きりの楽しい時間を過ごします。

ドジョン、ソンゲを選ぶ

洞窟に来たバンウォンはそこでドジョンと再会し、師匠と呼びます。

高麗の新しい局面に入ったことを確認し、ドジョンを師匠としてお仕えしたいと申し出るのですが、ソンゲとの関係から受け入れることはできないと断られたバンウォンは失意のまま洞窟を出ていきます。

感想

ようやく主要な人物たちは同じ場所に集まってきたというものです。

奸計が張り巡らされる中で、プニバンウォンが一緒に買い物をするところは一息つけるところです。

[スポンサーリンク]

 

あらすじ


楽天市場総合ランキング
1位
6774円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:4.7
レビュー件数:23
楽天ブックス
2位
2170円(送料込)
クリスタルガイザー / クリスタルガイザー(Crystal Geyser) / ミネラルウォーター 500ml 48本 水 ケース☆送料無料☆
レビュー平均:4.57
レビュー件数:20240
爽快ドリンク専門店
3位
4536円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

あらすじ全話の一覧表

『六龍が飛ぶ』1~10話 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『六龍が飛ぶ』11~20話 あらすじ一覧
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
『六龍が飛ぶ』21~30話 あらすじ一覧
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
『六龍が飛ぶ』31~40話 あらすじ一覧
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
『六龍が飛ぶ』41~50話 あらすじ一覧
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ