[スポンサーリンク]

韓国時代劇「六龍が飛ぶ」第11話のあらすじと感想

更新日:2018/01/22

[あらすじ, 第11話]

第11話


チョン・ドジョンはヨニにイ・バンウォンイ・ソンゲの代わりに印を押したことを伝え、イ・インギョムからの反撃を予測します。

チョン・モンジュはホン・インバン、キル・テミ、ソンゲが安辺策によって得た税収を半分に分けると書かれた投書を読み、そのような事ができる人間ではないと驚きを隠せませんでしたが、イ・インギョムが調査すべきと主張しました。

この記事のポイント

  • イ・インギョムが安辺策が通った背景を書いた匿名の文書を送り、都堂は大騒ぎに
  • 安辺策が撤回され、バンウォンは巡禁府に連行される
  • バンウォンの命を狙う者、助けようとする者、果たしてバンウォンの運命は!!
  • バンウォンの部屋から見つかった密約書、しかしそれにはある細工が・・・

[スポンサーリンク]

 

捕えられたバンウォンとソンゲの運命はいかに!!

ドジョンソンゲに会いに行こうとしますがヨニに止められてしまい、バンウォンの家へ向かいます。

[スポンサーリンク]

 

しかしバンウォンプニに責任を取りに行くと残して家を出た時、兵がやってきて捕えられてしまい、ドジョンはその様子を目にしました。

ひどく心配したプニは会いに行き、その頃ムヒュルソンゲを捕えたと叔母に話します。

投書の調査始まる

後に、リスクを冒して会いに行ったプニドジョンに謝罪することになります。

イ・インギョムは投書の調査をすべきと人々を動員させ、ソンゲにもバンウォンが捕えられたことが伝わりした。

すり替えられた投書

ドジョンはイ・インギョムがソンゲを投書と噂だけであぶりだすことは難しいと考え、バンウォンの部屋に置かれた投書を別の紙にすり替えるようにヨニに命令します。

その紙にはペク・ユンを殺したと書かれていて、ソンゲがペク・ユンを殺したのかと会議は混乱し、そのような中で彼の大勝利が知れ渡り、彼はバンウォンを救いに向かうのでした。

感想

ドジョンのスリルのある作戦に胸が高鳴ります。

バンウォンを心配したプニの切なげな表情にも惹きつけられました。

[スポンサーリンク]

 

あらすじ


楽天市場総合ランキング
1位
3218円(送料込)
1日で11,208人前完売 ぷるるん新鮮ホルモンと専門店の選べるスープが魅力!楽天鍋ランキング375週1位の本格もつ鍋お試しセット
レビュー平均:4.43
レビュー件数:12192
もつ鍋・水炊き 博多若杉
2位
1944円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
2808円(送料込)
【300円クーポン⇒レビュー特典&選べるおまけ】りかの良品
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
りかの良品

あらすじ全話の一覧表

『六龍が飛ぶ』1~10話 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『六龍が飛ぶ』11~20話 あらすじ一覧
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
『六龍が飛ぶ』21~30話 あらすじ一覧
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
『六龍が飛ぶ』31~40話 あらすじ一覧
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
『六龍が飛ぶ』41~50話 あらすじ一覧
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ