[スポンサーリンク]

「六龍が飛ぶ」第12話のあらすじと感想

第12話


バンウォンの取り調べが厳しくなるなか、ドジョンはヨニとともに飴を食べながら町を歩いていました。

重臣たちの動きを推測する彼の耳にソンゲの勝利の知らせが聞こえます。

町中が活気づきますが、誰一人それがドジョンの策略を後押しするものだとは思いません。

[スポンサーリンク]



バンウォンが気絶した理由とは

いよいよバンウォンの取り調べが熾烈さを増す直前、中止が伝えられます。

バンウォンの口からソンゲの名前が出て生じる混乱を防ぐためでした。

そのときバンウォンはサムポンを疑います。

そんなバンウォンでしたが、父の死を聞かされたことで気絶してしまいます。

彼には父しか頼れるものがない状況だったからです。

あらわれたソンゲ!?

意識を取り戻したバンウォンが牢屋で泣き叫ぶ頃、プニムヒュルバンウォンを救うべく動こうとしました。

しかしムヒュルはヨンギュに諭され動けず、対するプニドジョンの指示通り、飴に仕組まれた文を誰かに渡します。

[スポンサーリンク]

そしてソンゲもまたバンウォンを助けようとイ・インギョムのところまで乗り込み、バンウォンの解放を要求。

それをヨニから聞かされたドジョンソンゲを探そうとしますが、何とソンゲはイ・シンジョクとともにあらわれたのです。

ソンゲドジョンバンウォンを救う策略を尋ね、ドジョンはあると答えます。

バンウォンの師匠になったドジョン

そしてバンウォンはナム・コルトンイにある場所まで連行されます。

その場所はドジョンがいる場所。

そう、プニが文を渡した人物はナム・コルントイだったのです。

バンウォンは何故自分を助けたのかという問いかけに、ドジョンは「お前がまだ幼いからだ」と言います。

そして去り際にドジョンバンウォンに「これからは師匠と呼べ」と言い残すのでした。

感想

父が亡くなったと知って気絶してしまったバンウォン、ショックなのは分かりますが少し頼りない気がします。

ドジョンが師匠になったので、バンウォンがどんな風に成長するか楽しみです。


[スポンサーリンク]

高麗王朝を倒し、朝鮮を建国した六龍と呼ばれた英雄たちのドラマ。六龍を演じるキャストはユ・アイン(イ・バンウォン役)、シン・セギョン(プニ役)、キム・ミョンミン(チョン・ドジョン役)、ピョン・ヨハン(イ・バンジ役)、ユン・ギュンサン(ムヒュル役)、チョン・ホジン(イ・ソンゲ役)



楽天市場総合ランキング
1位
32378円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
32378円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:3.0
レビュー件数:1
楽天ブックス
3位
10980円(送料込)
吉野家の牛丼が、お店の味をそのままに冷凍牛丼として登場。徹底した品質管理とこだわりの食材で美味しさを追求した1品です。紅しょうがや卵のトッピングもお勧めです。
レビュー平均:5.0
レビュー件数:1
吉野家公式ショップ楽天市場店

あらすじ全話の一覧表

『六龍が飛ぶ』1~10話 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『六龍が飛ぶ』11~20話 あらすじ一覧
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
『六龍が飛ぶ』21~30話 あらすじ一覧
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
『六龍が飛ぶ』31~40話 あらすじ一覧
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
『六龍が飛ぶ』41~50話 あらすじ一覧
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ