[スポンサーリンク]

「六龍が飛ぶ」第13話のあらすじと感想

第13話


ソンゲがイ・インギョムを劣勢に追い込んでいる頃、バンウォンドジョンに弟子として迎えてくれた礼をしていました。

彼らは互いにやり取りをしているうちに過去に会っていたことに気付き、バンウォンはその時にプニと会っていた事に気付きます。

ドジョンの計らいで世話役を任された彼女がその場に駆け付けたとき、バンウォンは当時出会った少女であることを確信して喜ぶのでした。

しかし再会の喜びはここまで。

七夕の悪夢を思い出したプニは自分の気持ちに気付かずにバンウォンを拒絶し、そんな彼女にバンウォンは溜め息をつくしかありませんでした。

[スポンサーリンク]



誇らしい息子バンウォン

一方、ソンゲドジョンは互いの計画に対する姿勢の違いに気付いて対話をしていました。

その結果、連合は破棄されてドジョンは新しい戦略を考えることに決めます。

[スポンサーリンク]

そしてソンゲは帰ってきたバンウォンに「お前は誇らしい息子だ」と伝え、暖かく出迎えてくれました。

偶然プニとともにそれを立ち聞きしたドジョンソンゲの高潔さを知り、その道のりの厳しさを噛み締めるのでした。

同じくプニもまたバンウォンと交流を深めますが、家族のようなものは作らないと決めた誓いのためにバンウォンに「嫌い」と告げて込み上げる感情を噛み締めます。

ヨニの前に突然現れた人物とは

一方、ムヒュルはチョ・ヨンギュのもとで最初から学ぶように告げられていました。

不服な彼はプニに話しますが、思わず彼女は笑ってしまいます。

そのときムヒュルは「いつもどこに行っているのか」と尋ねますが、プニは「飴を食べに行っている」といって誤魔化すのでした。

そしてドジョンたちが勢力図について話し合っているとき、ヨニの前にヨニの正体を知ったタンセがあらわれていました。

感想

ソンゲに認められたバンウォン、その時の表情は見逃せません。

ムヒュルプニのたわいもない会話が、印象的です。


[スポンサーリンク]

高麗王朝を倒し、朝鮮を建国した六龍と呼ばれた英雄たちのドラマ。六龍を演じるキャストはユ・アイン(イ・バンウォン役)、シン・セギョン(プニ役)、キム・ミョンミン(チョン・ドジョン役)、ピョン・ヨハン(イ・バンジ役)、ユン・ギュンサン(ムヒュル役)、チョン・ホジン(イ・ソンゲ役)



楽天市場総合ランキング
1位
7700円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
4852円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:4.67
レビュー件数:27
楽天ブックス
3位
10000円(送料込)
アサヒスーパードライ【泉佐野市制70周年記念缶】350ml×1ケース(24本)ビール※7月発送予定
レビュー平均:4.8
レビュー件数:15
大阪府泉佐野市

あらすじ全話の一覧表

『六龍が飛ぶ』1~10話 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『六龍が飛ぶ』11~20話 あらすじ一覧
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
『六龍が飛ぶ』21~30話 あらすじ一覧
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
『六龍が飛ぶ』31~40話 あらすじ一覧
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
『六龍が飛ぶ』41~50話 あらすじ一覧
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ