[スポンサーリンク]

韓国時代劇「六龍が飛ぶ」第14話のあらすじと感想

更新日:2018/01/22

[あらすじ, 第14話]

第14話


互いの正体を知ったヨニとタンセが対面している頃、ドジョンソンゲは今後の戦略について話し合っていました。

そこにチョン・モンジュがあらわれ、洞窟にいる皆と顔合わせすることに。

バンウォンプニもそれぞれ自己紹介しますが、事態はミン・ジェの娘タギョンの婚姻先に注目が集まります。

これによって動乱と勢力展開が決まるわけですが、ものを知らないムヒュルは婿候補を上げます。

しかしそこはホン・デホンが勢力図や海東甲族について説明し、ミョサンがこの状態で婚礼を申し込む意味を教えるのでした。

この記事のポイント

  • 海東甲族の首長を尋ね、イ・バンジへの支持をお願いしたポウンだが、既にインバンが先手を打っていた
  • インバンは自分の三男と、タギョンの婚姻を考えていたが、タギョンはイ・バンジ支持を選択
  • バンウォンのある手立てにより、インバンはタギョンとの婚姻話を断念
  • プニがついにバンウォンに愛の告白をする

[スポンサーリンク]

 

プニが涙する理由

それぞれの思惑が交錯するなか、バンウォンはホン・インバンの縁談を破棄して海東甲族と連合できる方法があるとドジョンソンゲに伝えます。

[スポンサーリンク]

 

それについてバンウォンと軽い口論をするプニでしたが、飴を買うふりをして出かけた先でムヒュルに出会います。

口癖を問われたことで彼女はそのことに気付き、まだ心を制御できない自分自身に涙するのでした。

プニの告白

その頃、バンウォンドジョンソンゲに伝えた方法を実行していました。

そう、バンウォンはタギョンに婚姻を申し込んだのです。

タギョンの承諾もあって静かに婚姻が進められますが、それを聞いたプニバンウォンのもとへ行って自分の気持ちを告白します。

プニとヨニの解放を願うタンセ

その頃、ムヒュルのもとにタンセがあらわれて彼に「プニへ手紙を渡してくれ」と言い残して去っていきます。

そのことを彼はバンウォンに話した結果、バンウォンは手紙に書かれた待ち合わせ場所に行くことにしました。

三者それぞれ驚いたものの、二人はタンセドジョンのところへ案内します。

そこでタンセプニヨニと解放してくれと懇願し、去っていくのでした。

感想

タギョンの婚姻先で動乱や勢力展開が決まるなんて、今の時代では考えられません。

心を制御できなく涙するプニ、純粋なんですネ。

[スポンサーリンク]

 

あらすじ


楽天市場総合ランキング
1位
3950円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
2064円(送料込)
クリスタルガイザー / クリスタルガイザー(Crystal Geyser) / ミネラルウォーター 500ml 48本 水 ケース☆送料無料☆
レビュー平均:4.56
レビュー件数:20818
爽快ドリンク専門店
3位
2808円(送料込)
【300円クーポン⇒レビュー特典&選べるおまけ】りかの良品
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
りかの良品

あらすじ全話の一覧表

『六龍が飛ぶ』1~10話 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『六龍が飛ぶ』11~20話 あらすじ一覧
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
『六龍が飛ぶ』21~30話 あらすじ一覧
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
『六龍が飛ぶ』31~40話 あらすじ一覧
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
『六龍が飛ぶ』41~50話 あらすじ一覧
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ