[スポンサーリンク]

韓国時代劇「六龍が飛ぶ」第16話のあらすじと感想

更新日:2018/01/22

[あらすじ]

第16話


ホン・インバンが捏造した謀反事件により、評決は後回しになってしまいます。

そのときイ・ソンゲの背後関係も追及されたことを洞窟にいる仲間たちが知るなか、チョン・ドジョンイ・バンウォンが何故計略に気付いたのか問いかけていました。

ホン・インバンの立場になって考えたら自然と答えは出てきたいうバンウォン

それを聞いたドジョンは敵を過小評価をしていたかもしれないと思い直し、バジンに助言を求めるのでした。

この記事のポイント

  • チョ・バンが謀反を企てた証拠をイ・ソンゲに突き付け、インバンが最高権力者に
  • 海東甲族の首長を尋ね、チェ・バンの謀反の背景には海東甲族とイ・ソンゲがいると話すインバン
  • 謀反を仕組んだのがイ・ソンゲであると書いた上疏に、海東甲族全員の署名を入れて王に上げろと脅すインバン
  • 連名状に署名され、王のもとに届くと知ったバンウォンは・・・。

[スポンサーリンク]

 

バンウォンの火薬部隊

ホン・インバンがソンゲを貶めるために暗躍している頃、バンウォンは火薬部隊をつくるために新兵器となる火薬の実験をおこなっていました。

そこにプニがあらわれます。

[スポンサーリンク]

 

彼女はミン・ジェで起きた事を話すためにやってきました。

そしてタギョンと最後の取引に挑むバンウォンを励ますのでした。

火薬か石か

結果、取引に成功したバンウォンは聞きだした連名書のことをソンゲたちに伝えます。

それによりソンゲたちの方針は決まっていきますが、新しい戦略のために時間が欲しいとドジョンは言います。

会議を聞いていたバンウォンは自ら時間を稼ぐと名乗り、火薬庫に向かいました。

そしてプニに火薬入りの箱と石ころ入りの箱を並べて選択させるのでした。

命を賭けた作戦

そしてすぐさまムヒュルたちを連れて、海東甲族の集会に乗り込みます。

彼はミン・ジェと集まった海東甲族たちにソンゲたちが与えられる機会を熱弁し、最後の後押しとして持ってきた箱とつながった導火線に火をつけてしまいます。

それはプニに選ばせた二つの箱のうちのひとつ。

そう、これこそバンウォンの作戦。

全員を騙すために命を賭けたものなのです。

無事に海東甲族とミン・ジェの連名書を入手した一行に、夜明けが訪れるのでした。

感想

相手の立場に立って物事を考えたり、箱を選ばせたりとかなり機転がきくバンウォン流石です。

しかも命まで賭けるなんて、その度胸に感心しました。

[スポンサーリンク]

 

あらすじ


楽天市場総合ランキング
1位
4212円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
6850円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:4.25
レビュー件数:323
楽天ブックス
3位
5400円(送料込)
迷ったらコレ!お刺身でも食べられる高鮮度!特殊カット済みで食べやすい♪【ギフト】【カニ】【かに】【蟹】
レビュー平均:4.46
レビュー件数:7521
ショップオブザイヤー受賞
越前かに職人 甲羅組

あらすじ全話の一覧表

『六龍が飛ぶ』1~10話 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『六龍が飛ぶ』11~20話 あらすじ一覧
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
『六龍が飛ぶ』21~30話 あらすじ一覧
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
『六龍が飛ぶ』31~40話 あらすじ一覧
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
『六龍が飛ぶ』41~50話 あらすじ一覧
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ