[スポンサーリンク]

「六龍が飛ぶ」第19話のあらすじと感想

第19話


イ・ソンゲからチェ・ヨンとの会話を聞いたチョン・ドジョンはヨンとの衝突を回避するために会いにいきます。

そこへ入れ替わるようにイ・バンウが入ってきて、康氏夫人とバンウォンの異母兄弟たちの来訪を知らせるのでした。

[スポンサーリンク]



タギョンとプニの口論

その頃、バンジからヨンが全てを知ったことを聞いたプニバンウォンに相談しに行きます。

ドジョンのもとに向かおうとするバンウォンでしたが、そこにタギョンがあらわれてプニに口論をしかけます。

さすがのプニも黙ってはいませんが、バンウォンの立場や婚姻のことを指摘されてしまうのでした。

ヨンの訴え届かず

不穏さが忍び寄るなか、イ・インギョムの流刑と王権の威厳を立て直すとヨンが発表します。

ソンゲ派は反対しますが、周囲の者たちはヨンに同調する始末。

最後にインギョムと対話したソンゲは民の心を憂い、ヨンが支えるといった今の王を危惧します。

[スポンサーリンク]

それもそのはず、王であるウワンは暴君だからです。

ヨンが国の荒れ方を訴えるも聞く耳など持ちません

ドジョンとバンウォンが気づいたこと

一方、ドジョンバンウォンはヨンについて話していましたが、プニがそこへ訪れます。

なんでもインバン宅から出て行った荷車を追っていたトクチルが行方不明になっていると伝えに来たのです。

バンウォンは彼女とムヒュルを連れて荷車の跡を追いかけ、トクチルの遺体を発見。

すぐに各地区に散らばっている仲間たちに指示を出します。

仲間たちの協力もあって荷車を引いていた男を見つけた三人は、ヨンがインバンの財を使って取引をしていたことを知り、ピグク寺に向かうことに。

そこで会ったチョンニョンの情報を手掛かりにドジョンバンウォンある事に気付きます。

そしてソンゲもヨンの口からその事を聞かされるのでした。

感想

ただ一人バンウォンとタメ口で話せるプニ、なんとも言えない関係ですネ。

ラストシーンはついにって感じですが、次回どんな風に描かれるか楽しみです。


[スポンサーリンク]

高麗王朝を倒し、朝鮮を建国した六龍と呼ばれた英雄たちのドラマ。六龍を演じるキャストはユ・アイン(イ・バンウォン役)、シン・セギョン(プニ役)、キム・ミョンミン(チョン・ドジョン役)、ピョン・ヨハン(イ・バンジ役)、ユン・ギュンサン(ムヒュル役)、チョン・ホジン(イ・ソンゲ役)



楽天市場総合ランキング
1位
3808円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
8049円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】【限定特典付き】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
3564円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:4.85
レビュー件数:20
楽天ブックス

あらすじ全話の一覧表

『六龍が飛ぶ』1~10話 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『六龍が飛ぶ』11~20話 あらすじ一覧
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
『六龍が飛ぶ』21~30話 あらすじ一覧
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
『六龍が飛ぶ』31~40話 あらすじ一覧
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
『六龍が飛ぶ』41~50話 あらすじ一覧
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ