[スポンサーリンク]

韓国時代劇「六龍が飛ぶ」第24話のあらすじと感想

更新日:2018/01/17

[あらすじ, 第24話]

ハ・リュンバンウォンドジョンに何故従うのか疑問に思い、彼にそれを尋ねます。

そして、バンウォンに対して人に従うのではなく人を率いる人間になるべきとの助言をしました。

この記事のポイント

  • 黒諜に捕らわれたバンウォンを、黒蝶に変装したプニが助ける
  • ハ・リュンのお膳立てでイ・セクとチョ将軍が土地調査で同盟を結ぶことに
  • あまりの早い展開に驚いたドジョンは、イ・セクとチョ将軍を仲たがいさせる離間策を立てる
  • 威化島で苦労した者達すべてを桃花殿での宴会に招くというチョ・ミンスだが、恐ろしい計画が秘められていた

[スポンサーリンク]

 

矢の持ち主の正体

タンセとキル・ソンミは対峙し、その時キル・ソンミの部下が箱がなくなった事を伝えに来て、実際に行ってみると矢に射られた男が死んでいました。

それぞれで探そうというキル・ソンミでしたが、矢がバンウォンのものであったので、ムヒュルはタンセを引き留めます。

捕まってしまったバンウォン達

プニは女の忍者の黒装束を剥ぎ取り、その黒装束を身に纏ってハ・リュンに刃物を突きつけます。

[スポンサーリンク]

 

バンウォンは宝箱を、プニは残された書物を持って逃げますが、バンウォンは捕まってしまい、プニは書類をドジョンに渡しました

それを知ったハ・リュンはソンゲの勢力を訴え、イ・セクに協力を依頼します。

罠だった宴会

ソンゲに打ち勝つためにもハ・リュンとチョ・ミンスが水面下で動き、ドジョンはその政変を知った後、ソンゲにそれを伝え、ソンゲはチョ・ミンスと話すことになります。

チョ・ミンスとソンゲの対話は和やかなもので、チョ・ミンスは宴会を開いてソンゲや威化島で苦労した者達すべてを桃花殿での宴会に招こうとしますが、その宴会は罠だったのです!

宴会にはタンセムヒュルだけが向かうことになりますが、ムヒュルは以前ヨニを襲った物がいることに気づき、宴会場の裏の部屋には多くの兵が潜んでいました

感想

展開が気になるところでこの場面が終わりました。

ムヒュルは宴会の際、執事に受付で剣を預けるよう言われているので、どのようにこのピンチを切り抜けるのか楽しみです。

[スポンサーリンク]

 

あらすじ


楽天市場総合ランキング
1位
6850円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:4.1
レビュー件数:249
楽天ブックス
2位
5380円(送料込)
ますよね感謝祭!累計120万箱突破!シリーズ60億円売れた伝説の蟹!2018/11/14総合1位!5箱購入(3kg)で10,000円OFFクーポンも!
レビュー平均:4.36
レビュー件数:990
ショップオブザイヤー受賞
越前かに問屋「ますよね」
3位
32378円(送料別)
レビュー平均:3.58
レビュー件数:423
ヤマダ電機 楽天市場店

あらすじ全話の一覧表

『六龍が飛ぶ』1~10話 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『六龍が飛ぶ』11~20話 あらすじ一覧
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
『六龍が飛ぶ』21~30話 あらすじ一覧
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
『六龍が飛ぶ』31~40話 あらすじ一覧
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
『六龍が飛ぶ』41~50話 あらすじ一覧
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ