[スポンサーリンク]

「六龍が飛ぶ」第35話のあらすじと感想

第35話


ドジョンのもとを訪れたバンジがモンジュがしたことを告げ、開京へ押送するために来た兵たちと対面している頃、ハクチュらによるソンゲの捜索は続けられていました。

薄々と刺客の正体に気付くムヒュル

追手を始末し、ソンゲを荷車で運ぶバンウォン

しかし一行の奮闘とかけ離れた場所にいるコンヤンワンはモンジュにドジョンらの処刑を許すのでした。

[スポンサーリンク]



儒学生ソンビ

そんなことを知らないバンウォンは出会ったソンビの助けにより窮地を救われますが、ソンビは自分の師匠をいたぶった将軍だと知るや否や、バンウォンに刃をむけます。

しかしバンウォンの言葉に知りたかったことを知ったソンビは刃を下ろし、バンウォンの助けとなります。

サグァンの決意

その後、ソンビを連れて無事にムヒュルたちと合流したバンウォンは邸宅に戻ることができました。

このことを知ったモンジュはサグァンを連れて様子をうかがいますが、丁度医員を連れていたムヒュルを目にして後をつけます。

[スポンサーリンク]

そこでモンジュと別れたサグァンはムヒョルと接触し、二度と会わないようにと言い残して去っていきます。

緊迫する事態

全てのゆくえソンゲの容態次第で決まるなか、ムヒュルプニやデホンに今後の戦いについて相談します。

一方、ヨニたちから決断を迫られるバンウォンの前にインバンの幻影があらわれます。

思わず叫ぶバンウォンのところへプニが駆けつけ、モンジュたちがやってきたと告げます。

強引に入るモンジュでしたが、丁度よくソンゲの意識は戻っていました。

会話するソンゲでしたが血を吐いた様子を見てモンジュは去っていきます。

そしてモンジュが処刑の指示を出したとき、バンウォンは剣士を率いて出て行くのでした。

感想

ソンビのアイデアで葬儀のふりをして無事に戻ることができたバンウォンソンゲ

このソンビ、本当の名は「趙末生(チョ・マルセン)」といい、チョン・モンジュの弟子である儒学生です。

バンウォン(のちの太宗)に寵愛されたことでも知られた歴史上の人物なのです。

趙末生が登場したということは、ようするに時代が変わるということを意味しているわけなんですね。


[スポンサーリンク]

高麗王朝を倒し、朝鮮を建国した六龍と呼ばれた英雄たちのドラマ。六龍を演じるキャストはユ・アイン(イ・バンウォン役)、シン・セギョン(プニ役)、キム・ミョンミン(チョン・ドジョン役)、ピョン・ヨハン(イ・バンジ役)、ユン・ギュンサン(ムヒュル役)、チョン・ホジン(イ・ソンゲ役)



楽天市場総合ランキング
1位
6471円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
8049円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】【限定特典付き】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
3564円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:4.84
レビュー件数:19
楽天ブックス

あらすじ全話の一覧表

『六龍が飛ぶ』1~10話 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『六龍が飛ぶ』11~20話 あらすじ一覧
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
『六龍が飛ぶ』21~30話 あらすじ一覧
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
『六龍が飛ぶ』31~40話 あらすじ一覧
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
『六龍が飛ぶ』41~50話 あらすじ一覧
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ