[スポンサーリンク]

「六龍が飛ぶ」第37話のあらすじと感想

第37話


バンウォンドジョンが話している頃、ムヒュルはサグァンにモンジュが死んだことを話していました。

それを聞いていたサグァンは「モンジュの復讐はする気がないこと」を伝えると剣をおさめ、気絶してしまいます。

そのモンジュはドジョンの手によって晒しものにされ、逆賊だと仲間に宣言されていました。

[スポンサーリンク]



ドジョンの狙いとは

民心を得るための手段としてモンジュを晒しものにしたドジョンは若者たちを集めます。

そのなかにはプニもいました。

ドジョンプニバンウォンへ汚名を着せるような噂を広めるように指示します。

新たな国の主となるソンゲを潔白にさせるにはそれしかないと強調するドジョン

バンウォンもすでに覚悟を決めていますが、今回の処刑をうながした壁書の犯人を知りたいと願っていました。

サグァンとの最後の別れ

その頃ムヒュルはサグァンが姿を消したことに気付きます。

[スポンサーリンク]

洞窟には置手紙がありましたが、文字が読めないムヒュルはそれを懐に仕舞うしかありません。

ですがソンゲが王となり、流刑となったワン・ヨのそばにいるサグァンを見つけます。

サグァンはムヒュルを見つけると会釈して去っていくのでした。

これがバンウォンのやり方

着々と新しい国つくりが始まり、バンウォンも自分の立場をどうするか考えていた矢先、儒生たちが怪しい動きをしているという情報が耳に入ります。

すぐさま彼らがいるというトンソンコルにムヒュルプニを連れてむかってみると、儒生たちが組織的な反対勢力を築いていることを察知。

バンウォンドジョンに相談し、許可をもらって儒生たちを説得するべく兵を率いて行きました。

そして反発する儒生たちを前にしてバンウォンは兵たちにこう言います。

「火をつけろ!出て来た人だけを説得する」と。

感想

モンジュの死によって建てられた新しい国を拒否する儒生たちが、冠を外して杜門洞に立て籠ったシーンで彼らを説得するためにバンウォンは杜門洞に火を点け衝撃的な行動を起こしました。

火矢を撃つよう命令するバンウォンの目は、決意に満ち、少しのためらいも感じられない決然とした雰囲気を持っていました。


[スポンサーリンク]

高麗王朝を倒し、朝鮮を建国した六龍と呼ばれた英雄たちのドラマ。六龍を演じるキャストはユ・アイン(イ・バンウォン役)、シン・セギョン(プニ役)、キム・ミョンミン(チョン・ドジョン役)、ピョン・ヨハン(イ・バンジ役)、ユン・ギュンサン(ムヒュル役)、チョン・ホジン(イ・ソンゲ役)



楽天市場総合ランキング
1位
3808円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
2位
4644円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス
3位
4250円(送料込)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】
レビュー平均:0.0
レビュー件数:0
楽天ブックス

あらすじ全話の一覧表

『六龍が飛ぶ』1~10話 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『六龍が飛ぶ』11~20話 あらすじ一覧
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
『六龍が飛ぶ』21~30話 あらすじ一覧
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
『六龍が飛ぶ』31~40話 あらすじ一覧
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
『六龍が飛ぶ』41~50話 あらすじ一覧
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ